単発か双発か

F-2戦闘機の開発が計画されたとき、ほんとうは双発機を予定していたんだけれども、F-16の改造案に決まっちゃったために、単発になってしまいました。
当時、ずいぶん事故のことを心配したものです。

一般論として、単発機は、双発機よりも廉価で、低コストで運用することができます。
その代わり、ひとつしかないエンジンが停まってしまったら、もう飛行機を捨てるしかありません。
つまり、単発機は、飛行機を失うリスクが双発機よりも高いものの、トータルで考えると低コストだと考えられます。

一方で、双発機はエンジンが二つあるので、エンジンが故障する確率も単発機の二倍です。
エンジンが一つ故障すれば任務が果たせないとすると、単発機のほうが任務信頼性が高いと言えます。

大雑把にまとめると、双発機よりも単発機のほうが、運用コストは低く、任務信頼度も高く、合理的です。
とはいうものの、パイロットや乗客の安全(あと地上被害リスク)は無視できないので、そこに双発機が選択される余地があります。

ということで、たいていの無人機は単発機ですね。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です