熊本のブライトリングDC-3

ブライトリングDC-3ワールドツアーとして、時計メーカーのブライトリング社がDC-3で世界一周飛行を行っている。
日本でも数カ所を訪問するのだが、熊本を訪れた同機を見るために、ゴールデンウイークの4月30日、熊本空港へ出かけてみた。
熊本は、僕の住んでいる中部地方からも航空便でのアクセスが便利だ。中部国際空港からもANAの便が飛んでいるが、今回は名古屋小牧空港と熊本空港を結んでいるFDAを利用した。

熊本空港では、まず空港ビルの展望デッキからDC-3を撮影することにした。
午前中なら順光で写真が撮れる。
DC-3は、当日3回の飛行が予定されていた。まずは離陸するDC-3。

帰ってきたDC-3のタキシング。星型エンジンのサウンドが心地よい。

滑走路を挟んだ反対側にも、多くの愛好家が車で乗り付けてカメラを構えている。

DC-3は崇城大学のエプロンを使っていた。
午後は、空港デッキを離れて、崇城大学エプロンの脇から写真を撮ってみた。

DC-3以外にも、撮りたかった飛行機が撮れた。天草航空のATR42-500だ。
イルカをモチーフにしたデザインの塗装が施されている。

これは熊本空港の外に展示されているYS-11。
こういう展示機も、飛行機マニアにとっては大事な被写体である。

お目当てのDC-3は無事見ることができて、満足な熊本遠征であった。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です