メットライフアリコの飛行船を見てきました

加須市で開かれる「利根スカイフェスティバル」で飛行船が飛ぶと聞いて、出かけてきました。
この飛行船は、最近「メットライフアリコ」の宣伝用に東京を飛び回り、話題になっている機体です。
これから各地を飛行する予定だそうです。
Mooring site at the dawnこれが飛行船。
スヌーピーが可愛らしいです。
メットライフでは、アメリカ本国でも、広告キャラクターのスヌーピーをあしらった飛行船を2機飛ばしています
今回、日本の保険会社アリコを傘下に収めたことで、新ブランドを浸透させるために、飛行船キャンペーンを企画したようです。


この飛行船、FAAのサイトなどで調べてみると、型式はアメリカン・ブリンプA60R。
以前ニッセンのキャンペーンで飛んでいた飛行船と同シリーズの型式です。
でも、ニッセンが使っていたのはA-60+という型式だったのですが、メットライフの機体は、アメリカで飛んでいる2機も含めて、みんなA60Rという型式です。
A-60+がリンバッハのエンジンを積んでいるのに対して、A60Rはロータックスのエンジンを積んでいるようです。(上記FAAのサイトではなぜかリンバッハになってますが・・・)
どちらも、モーターグライダーなどに使われているエンジン・メーカーです。
下の写真は、上が今回のA60R、下がニッセンのA-60+のゴンドラです。
明らかにエンジンナセルの形が違いますね。
Gondra
A-60+のゴンドラ
久しぶりに日本の空に戻ってきた飛行船。
また多くの人の目を楽しませてくれると思います。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です