【買いました】富士通arrows M03【SIMフリースマホ】

3年半使ってきたスマホ、HTC J Butterfly HTL21の調子が悪くなり、使用に耐えなくなったので、買い換えることにしました。
回線はmineoのAプランを使っているので、買い換えにあたってはau端末の中古かSIMフリー端末が選択肢でした。
いわゆる「おサイフケータイ」機能だけは欲しかったので、多くの外国製スマホは候補外。
また、中古スマホ(いわゆる白ロム)も結構なお値段なので、それくらいなら新品を買おうということに。
で、CPUスペックはやや貧弱ながら、防水防塵、おサイフ、ワンセグという、日本向け機能てんこ盛りの富士通arrows M03を選びました。
ちょっと使用感をレビューしてみたいと思います。
arrows M03
購入
arrows M03は、各MVNOが回線契約とセットで販売しているほか、大手家電販売店でも売られています。
僕の場合はmineoと契約していましたので、迷うことなくmineoで購入。
一括払いの購入価格は31,800円(税込34,344円)でした。
MVNOと契約せず、docomoやauなど大手キャリア回線でarrows M03を使いたい場合は、Amazonや楽天を含む家電量販店で入手することになりますが、少し割高になります。

カラーバリエーション
カラバリは黒、白、ピンクの3色。
MVNOの特別色として、楽天モバイルではシャンパンゴールド、mineoではグリーンも用意されています。

同梱品など
届いたパッケージ。質素な段ボール箱ですが、海外製スマホなどと比べると大きな箱です。
充電用のACアダプタとUSBケーブルが同梱されています。
dsc_0005
下写真は同梱されていた各種ドキュメント。
「かんたん操作ガイド」など、初めてスマホを使う人などにとっては心強いことでしょう。
ドキュメント類

パフォーマンスは実用十分
arrows M03を選ぶにあたって気になっていたのが、CPUスペックとRAMの大きさ。
クアッドコア1.2GHz、RAM2GBというスペックは、3年半も前に買ったHTL21と同じようなものです。これで大丈夫なんだろうか。
しかし、実際に使ってみると、メールやtwitterを使ったり、普通のアプリを使ったりする範囲では、動作がもたつくようなこともありません。僕はスマホでゲームはやらないので、そんなにCPUスペックに依存した使い方はしないのです。
なにかCPUパフォーマンスが影響している動作はないかと注意深く観てみると、サイズの大きなJPEG画像ファイルを開くとき、一瞬だけ「ジワッ」と滲むような表示の遅れがありました。CPUがJPEGをデコードするときの動作だと思います。でも、実用上気になるようなものでもありません。
そんなわけで、ゲームのように高パフォーマンスが要求される使い方をしなければ、実用上スペックの低さは問題にならないと思いました。

720×1280のディスプレイは大人しい発色
以前使っていたHTL21は1080✕1920のFHDディスプレイだったので、僕にとって720×1280のarrows M03はスペックダウンとなってしまいました。
しかし、写真などを表示させても解像度が荒いという感じはなく、別に気になることはありません。
むしろ、解像度を抑えることで消費電力が少なく済んでいるはずで、そのメリットのほうが大きいように思います。
IPS液晶を使っており、ディスプレイの発色は大人しい印象でした。

電池の持ちが良い
メーカーでは「余裕の電池3日持ち」と謳っています。
使い方にもよりますが、普通の使い方だとさすがに3日は持たないかな。
でも、電池の持ちが良いというのは本当に実感できました。
普通に使っていて、電池残量を見ると「あれっ、まだこんなに残ってる」と思うこともあります。
3日持ちはともかく、以前より充電の心配をしないで使えるようになりました。
これは、CPU性能やディスプレイ解像度を抑えた結果、消費電力が少なく済んでいるのでしょう。
スペック優先ではなく、省電力に力を注いだスマホです。
発熱も少なく、これまで使った範囲では、熱くなるということがありません。

カメラの画質はそこそこだが広い画角が嬉しい
カメラの性能はどんなもんだろう、と試しに数枚撮ってみましたが、まあ、スマホのカメラって、こんなもんかな、という程度。
暗い場所では、それなりに高感度ノイズが乗ってきます。
カメラの画質に関しては、特筆するほど悪くはないけど、威張れるほど良くもない。
スマホ写真の画質に強く拘る人には、あまりお薦めはできないと思います。
良い点としては、カメラの画角が広いこと。
カメラアプリのCamera FV-5で、35mm版換算にして23mmと表示されますので、かなりの広角レンズです。集合写真や風景写真に威力を発揮しそうです。

日本語入力システムが使いやすい
本機は日本語入力システムに「Super ATOK ULTIAS」を搭載しています。
僕は、これまで有料版のATOKを使っていたのですが、Super ATOK ULTIASのおかげで、有料版の出番がなくなりました。
日本語入力システムは個人の好みがあると思いますが、もともとATOKユーザーだった僕には、本機のSuper ATOK ULTIASは使いやすいものでした。
もちろん、気に入らなければ別の日本語入力システムをインストールして使えばいいのです。

防塵・防水
カタログでは「お風呂」でも使用できると書かれているくらいで、十分な防塵・防水性能があるようです。
実は前に使っていたHTL21も防水スマホだったのですが、USBケーブル差し込み口は防水のためにキャップがあって、充電の際などはいちいち外さなければならず、煩わしいものでした。
しかし、arrows M03はキャップレスで防水を実現しており、そんな煩わしさもありません。これは嬉しい。
防塵・防水を実現しながら、使いやすさを犠牲にしていないところが、このスマホの美点だと思います。

ホーム画面
本機のホーム画面は、LeafUIとNX!ホームの2種類が用意されていますが、僕は今のところLeafUIで使っています。
どちらでも使いやすく、今となっては以前使っていたHTL21よりも良いと思えるようになってきました。
これも慣れでしょうか。
なお、下画像はNX!ホームのキャプチャです。
screenmemo

おサイフとワンセグ
日本国内の需要に応えるおサイフとワンセグ。
おサイフは、使う人にとっては外せない便利機能。僕もそうです。
ちなみに、楽天edyとnanacoを使っていますが、問題なく使えます。
ワンセグは僕にとってあってもなくてもいいのですが、いざというときや、暇つぶしに、あれば有り難いこともあるでしょう。
本機が優れているのは、ワンセグ用の伸長アンテナが内蔵されていて、イヤホンを挿したりしなくてもワンセグが受信できること。
スマホによっては、ワンセグ搭載と言いながらアンテナ非装備で、イヤホン・ケーブルをアンテナ代わりにする機種もあるようです。
本機は、そんなこともなく、いつでも必要なときにワンセグ受信ができます。
当たり前のことが、当たり前にできる。

おすすめ
総合的に見て、このarrows M03は、日常使いにピッタリの実用的なスマホだと言えます。
スペック的に突出したものはないけれど、普段使うための機能がしっかり盛り込まれていて、ちゃんと使える。そして使いやすい。
3万円台というお値段も、スマホという日常的に身に付ける実用品の価格として、納得できるものだと思います。
ガラケーからの乗り換えを含め、幅広いユーザーにお薦めできる機種です。

おすすめできない
一方で、演算パフォーマンスが抑えられているため、スマホをゲーム機として使いたい人には、本機はお薦めできません。
自分はゲームをやらないのでわかりませんが、たぶん本機でヘビーなゲームを遊んだら、ゲーマーにはストレスが溜まることでしょう。
また、スマホのカメラに高い画質を期待する人にも、あまりお薦めとは言えないでしょう。カメラの画質に拘るなら、やはりハイエンドの製品を検討したほうが良いと思います。

以上、簡単な使用感でした。


スマホHTL21のバッテリー交換メモ

3年前から愛用しているスマホ、HTC Butterfly J HTL21のバッテリーがヘタってしまったので、自力で交換した。
このスマホはauから販売されていたものだけど、2年使ったタイミングでauからMNVOのmineoにMNPで乗り換えたので、auのサポートが受けられない事情があった。
街の修理屋へ持って行けば15,000円くらいでやってもらえるようだが、それも嫌なら自分でやるしかない。

webで調べてみたら、写真入りで親切な手引が書かれているブログがあったので、大いに参考にさせてもらった。
HTC J Butterfly HTL21を分解してバッテリー交換してみた

結論から言うと、無事バッテリーの交換は完了し、費用はバッテリーと工具を合わせて3,000円で済んだ。
せっかくなので、ここにメモを残しておこうと思う。

買ったもの

自分で交換しようと思い立ったら、まずバッテリーを調達しなければ話にならない。
バッテリーの型番はBL83100。
先ほどのリンク先ではeBayで2,500円ほどで買ったとあるが、調べてみると国内Amazonでも売っていた。1,680円だった。

または

あと、スマホの筐体をこじ開けるためのツール。
十徳ナイフでもよいらしいが、手元に持っていないし、どうせ買うなら専用ツールを用意したい。
このiSesamoという工具、iPhone用と謳っているけれど問題ない。
これのおかげで無事分解に成功したが、これがなければ相当手こずったはずで、おすすめのツールである。
Amazonで980円の出費だったが、それだけの価値はあったと思う。

もう一つ購入したのが、絶縁ピンセット。
これはなくても良かったかもしれないが、安いものなので買っておいても良いと思う。
僕は何も考えずに先が平たいタイプを買ったが、先が丸いタイプなどもある。
(Amazonあわせ買い対象商品なので注意。2,500円以上の買い物をすると送料無料になる。)

あとは、精密ドライバーが絶対必要。僕は家にあったものを使ったが、購入するにしても特に高価なものでなくて良いと思う。
HTL21の基盤取り付けには、大小のプラスネジが使われていて、特殊ネジは使われていなかった。

戦訓

まず筐体を開けるのに手こずる。
専用工具を使っても簡単ではなく、根気よくこじ開けていかないと筐体は開いてくれない。これが第一関門。
防水のためのシール、パッキンは、この時点でダメになってしまうから、自前でバッテリー交換を試みるなら、防水は諦めること。

外したネジをきちんと管理すること。
ネジを外すことは簡単だが、場所ごとに異なるネジが使われているので、どれがどこのネジかをちゃんと管理すること。
非常に小さいネジもあるが、失くしてしまったら大変だ。
僕は、粘着テープの裏を仰向けにして、その上に外したネジを並べて管理した。ネジが転がったりしないのでうまく行った。

フレキケーブルの取り扱いが難しい。
外したフレキケーブルを戻す際、きちんと挿さっているかどうかがわかりづらい。
小さなフレキケーブルなので、挿さったという手応えがないのだ。
無理に力を入れて破損したら元も子もないので、適度なところで留めておこう。

ケーブルの挿し忘れに注意。
最初、フレキケーブルの1本を挿し忘れて組み上げてしまったため、電源が入らなかった。
かなり動揺したけれど、落ち着いてバラシ直してみて、挿し忘れに気がついた。
意外と見落としてしまうものだ。

感想

さすがにスマホは精密で、作業の細かさはデスクトップPCの自作などとは比べ物にならない。
今回は、ルーペ代わりに100均で買った老眼鏡のお世話になった。
細かい作業に自信のない人は、メーカーサポートや街の修理屋にお任せするのが得策なのかもしれない。
しかし、自分でやり遂げて起動に成功した時は、けっこうな達成感を味わった。

取り外したバッテリー

取り外したバッテリー


【買いました】Anker® 20W 2ポート USB急速充電器

ちょっと前の事になりますが、Anker® 20W 2ポートUSB急速充電器を購入。これがなかなか良かったので、紹介しておきます。
正面
正面から見たところ、変哲のない2ポートのUSB充電器。光沢のある白い筐体で、安っぽさはありません。
DSC_0006
100V ACのブレードは折りたためますので、旅行などに持っていくのにも便利。
Package
パッケージもスタイリッシュ。

この充電器、20W/4Aの出力が可能ですが、どちらのUSBポートを使っても、自動的に機器を検知して、最適な高速充電が可能です。アンペア数を気にして、スマホはこっちのポート、タブレットはこっちのポート、なんて考えなくて良いのです。Anker独自の技術で、PowerIQ(TM)テクノロジーというそうです。
僕はスマホとタブレットの両方を使っているのですが、この充電器を使うようになってから「充電が遅いなあ。あ、繋ぐポートが違うんだ。」ということがありません。日常使用する道具として、ストレス・フリーなのです。

スマホとタブレットなど、複数機器を持っている人におすすめです。


【買いました】断線しにくい「高耐久」スマホUSBケーブル

車で移動中はシガープラグのアダプタからスマホを充電しているのですが、USBケーブルがよく断線するので困っていました。
アダプタとケーブルが一体になってる製品だと、断線すると丸ごと買い替えることになって、とてももったいないです。
そのため、USBコンセントになっているシガープラグ・アダプタを使うことにして、USBケーブルは消耗品と割りきり、断線したら安いケーブルを買い換えることにしていました。
しかし、USBケーブルってそんなに安くない。100円均一の商品でもいいのですが、100均のUSB充電ケーブルって、品質はともかく、短い場合が多いんですよ。0.5mとか。
そうなると、スマホにつなぐ際の取り回しで、ケーブルを引っ張ってしまって、やっぱり断線しやすいわけです。

先日、何度目かのケーブル断線に見舞われて、交換用ケーブルを買いに家電量販店へ立ち寄ったところ、「高耐久」を謳うUSBケーブル(1.2m)が目につきました。
ELECOMのMPA-AMBS2Uという型番で、確かにしっかりした作りになっています。1.2mの長さで、店頭価格は1,200円と、やや高価です。
パッケージ
ちょっと迷ったのですが、これで断線のストレスから開放されるのなら、と、思い切って買ってしまいました。
(あとで調べたら、ネット通販だと1,000円未満で買えますが、普通のケーブルに比べて高いことには変わりないですね)

強度の高いケーブルは、たいてい太くて硬いので、取り回しがしにくいものです。このケーブルも、それなりに太いのですが、恐れていたほどの硬さではなく、1.2mと長さに余裕があるので、あまり苦になりません。
コネクタ
1ヶ月以上使っていますが、これまでのように断線を心配せずに済んでいて、安心感があります。満足できる買い物でした。

ちなみに、カラーバリエーションが、ブラック、レッド、ブルーとあり、長さも0.2m、0.8m、1.2mの3種類が用意されているようです。(当然、長さで価格が違います)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
<追記>
その後、Volutzの高耐久ケーブルが優秀だったので、おすすめします。
別エントリ「【買いました】断線しにくい”高耐久”VoltzのmicroUSBケーブル【おすすめ】」を参照ください!
あるいは、Amazonで扱っているAnkerの高耐久USBケーブルが充実しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


Bluetoothスピーカー JBL FLIP2 買いました


スマホやタブレットで音楽を聞くようになって以来、ずっと欲しいと思っていたBluetoothスピーカーをとうとう購入しました。
AV機器の性能は音質という官能評価で決まるので、どれを買えば満足できるのか、なかなか決めにくいものです。そこで、前提条件として、基準として1万円以内、できれば5000円くらいを目安に、製品を選んでみました。
最初に気になったのは、Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー

お値段が5000円くらいと安いのに、音質などは十分で、コストパフォーマンスが高いという評判の製品です。
しかし、レビューで気になったのは電源を入れた時のビープ音が大きい、という問題。
夜の寝室で音楽を聞こうとしたときに、大きなビープ音がするのは嫌ですね。
そんなわけで、他の製品を探した結果、JBL FLIP2に落ち着きました。
お値段も7000円台だし、デザインも良さげ。なにより、JBLブランドの音質には定評があります。

しかし!
このJBL FLIP2もビープ音が大きかったのです!
電源を入れると、大きな「ピポッ!」という音がするし、Bluetooth接続が確立された時にも「ピッ!」と大きな音で知らせてくれます。

うるさい。

これはたぶん、持ち運びできるポータブルスピーカーなので、パーティ会場とかBBQなどの屋外などで使うことを考え、大きめのビープ音が鳴るようになってるんだと思います。

でも、家の中ではうるさい。
ビープ音を小さくする設定とかないんでしょうかね。

肝心の再生音質については不満はありません。
むしろ、こんな小さなスピーカーで、ずいぶん立派な音がするもんだなあ、と最近の技術に感心したりしています。
まあ物理的な制約があるのでステレオ感はありませんけど、音自体はきちんと出ている感じがします。ドンシャリ的な音ではなく、ちゃんとJBLの音だと思います。

ビープ音だけが残念ですが、そこを納得の上で使うなら、コストパフォーマンスの良い製品です。