沖縄での不時着事故に見るオスプレイの脆弱性

オスプレイ2016年12月13日夜、沖縄県名護市の沿岸にオスプレイが不時着し大破した。
ニュース等によれば、夜間空中給油訓練中に、給油機からの給油ホースが切れて、オスプレイのプロペラ(プロップ・ロータ)を破損したのが原因だという。
ただし、何らかの理由で切れたホースが当たったのか、プロペラに当たったことでホースが切れたのか、そのあたりははっきりしない。
いずれにしても、ホースが当たったことでプロペラが破損したことは確かなようだ。

さて、プロペラを破損したオスプレイはどうなるか。
通常の双発飛行機なら、破損したプロペラ側のエンジンを止めて、片発飛行で帰還すれば良い。
しかし、オスプレイの場合はそうは行かない。
オスプレイは、片方のプロペラを止めて飛行することができないのだ。
このあたりは以前のエントリ「オスプレイの安全性を考える – ハザード検討の一例」に詳しく書いた。
すなわち、今回の事故は、通常の双発飛行機であれば不時着大破や墜落などという事態には至らない事象であり、プロペラ不具合に対するオスプレイの脆弱性が顕在化したものといえる。

では、ヘリコプターと比較してではどうか。
ヘリコプターの場合も、ローターの機能に障害が出れば、墜落もしくは不時着を強いられることになるだろう。
空中給油の際に、ローターがホースに触れてしまえば、オスプレイと同じことではないのか。
これについては、件の軍事ブロガー(笑)JSFさんが、興味深い動画を教えてくれた。
(もちろん既知の動画だが、わざわざtweetで教えてくれたJSFさんに敬意を表して引用させていただく)

この動画では、CH-53ヘリコプターが空中給油中にピッチングを起こし、ホースではなく自機の受油プローブをへし折っている。
JSFさんは、これを示して「CH-53も危険だ」と言いたいのかもしれないが、そうだろうか。
だって、このCH-53、ホースよりも強度の高いであろう金属製のプローブをへし折っているが、その後も平然と飛行しているではないか。(笑)

そう、ヘリコプターのローターが空中給油中にホースに接触しても、ただちにローターが破壊されるようなことは、まずない。
ヘリコプターもバカではないから、ローターにそれなりの強度を持たせているし、ホースだって無用に強いわけではない。

では、オスプレイのプロペラは、なぜ壊れてしまったのか。
オスプレイのプロペラは、ヘリコプターのローターよりも弱いのか。

弱いのである。わざわざ弱く設計してあるのだ。

オスプレイは通常ヘリコプター・モードで離着陸するが、なんらかの理由で、飛行機モードで不時着陸しなければならない場合もある。
(今回の事故でも、飛行機モードで不時着している。)
滑走路等に飛行機モードで不時着する場合、プロペラが大きいため、そのままでは地面に接触してしまう。
その際、プロペラの強度が強すぎると安全に不時着できないため、地面に接触したプロペラは、竹箒のようなささら状に壊れるようにしてあるのだ。
つまり、オスプレイのプロペラはヘリコプターのローターほど強くはない。それが設計の仕様なのだ。

以上のことをまとめると、次のように言えるだろう。
空中給油時のホースとプロペラ(ローター)の接触インシデントに対して、オスプレイは

  • 双発飛行機のようなロバスト性(強健さ)はない
  • ヘリコプターほどのロバスト性もない

ということだ。
つまり、オスプレイはこの種のインシデントに対して、従来の航空機よりもずっと脆弱なのである。
おまけに、オスプレイはプロペラの描く円盤面積が大きく、この種のインシデントを起こしやすい。
これはオスプレイの設計上の仕様であり、免れ得ない特徴だ。

今回の事故を受けて、米軍は”「オスプレイの機械的なシステムの問題ではない」として、機体の問題でないことを強調した”(朝日新聞より)という。
これを受けて、件の軍事ブロガー(笑)JFSさんも「今回の夜間空中給油訓練はオスプレイの機体欠陥とは公式にも見做されないので、いくら欠陥だと騒いでも無駄です。」と上記に引用したtweetで仰っている。

僕はJSFさんのいう「欠陥」というのが何をイメージしているかわからないし、何が無駄なのかもわからないが、とにかくJSFさんはオスプレイが無謬の乗り物だと言いたいらしい。笑止である。

上記に示したように、空中給油という運用(オペレーション)に関わるハザード・リスクに対して、オスプレイは従来の航空機よりも脆弱である、ということは事実であり、その事実がはしなくも今回の事故で示されたといえる。

とはいえ、僕は以上の事実を持って「オスプレイは危険だー!」と叫ぶつもりはないのである。
これも以前からの繰り返しになるが、こうしたリスクを十分に認知したうえで、安全な運用を行っていくことが必要なのだ。
ただし、このような脆弱性を抱えている以上、空中給油という高リスクの運用について、運用者は従来以上に慎重な対応が求められる。
そして、重度の難治オスプレイ信仰者であるJSFさんには、ご病状の安定をお祈りする次第である。


技術実証機X-2が初飛行から半年以上飛ばなかったわけ – 荷重較正の話

先進技術実証機X-2は、2016年4月22日に初飛行して岐阜基地に着陸して以来、11月下旬になろうとする現在も飛行試験を始めていない。
10月30日の岐阜基地航空祭では一般に地上展示されたが、かれこれ半年以上も飛行していないことになる。
この間、X-2は何をしていたのか。
11月18日の航空新聞社WINGのツイートが下のように報じている。


そう、荷重較正をやっていたのである。
今回は、荷重較正とはなにか、ということについて書く。

航空機の飛行試験において、機体の構造各部に加わる荷重を計測することは、しばしば重要な課題である。
設計範囲内の荷重に収まっているか、予想外の荷重が発生していないか、ということをモニターしながら、飛行試験を行うのである。
機体の各部にかかる荷重を測るためには、対象箇所に歪ゲージ(Strain gauge)というデバイスを貼り付ける。
歪ゲージは、貼り付けた部分に生ずる応力によって抵抗値が変わり、電圧を変化させるデバイスだ。これを使うことで、局部に加わる荷重を知ることができるのだ。

歪ゲージの図

歪ゲージ(共和電業ホームページより)


飛行試験機の機体各部には、この歪ゲージがたくさん貼られている。
しかし、単に歪ゲージを貼り付けただけでは、正しく荷重を知ることはできない。
当たり前だが、計測部分にかかる応力(ひいては荷重)と歪ゲージの抵抗値を、きちんと対応させておかないと、荷重を知ることができない。
そこで、実際に機体に荷重をかけ、計測部分にかかる荷重と歪ゲージの抵抗値を対応させる(較正する)作業が、荷重較正だ。
この作業の一例が、NASAのレポートの中にあったので下に転載しておく。
NASAでの荷重較正の一例

NASAでの荷重較正の一例


こういう計測作業を、主翼、尾翼、あるいは胴体に対しても行い、荷重と歪ゲージの抵抗値を対応させておくのだ。
関係者によっては、この作業を「荷重較正”試験”」と呼んだりもするが、この作業そのものは試験ではなく、飛行試験の準備作業にあたるものだ。
しかし、単に”準備作業”と言うには大掛かりな作業であり、機体のセットアップから作業終了まで数ヶ月を要するのが普通だ。
X-2が半年ばかり飛ばなかったのは、飛行試験を始める前に、この荷重較正を含む準備作業が必要だったからだ。

この荷重較正作業、通常の試作機では会社側で行うことが多いのだが、X-2の場合は防衛省に引き渡された後に実施されたということだ。
聞いているところでは、初飛行時に岐阜基地に降り立ってから、すぐに荷重較正作業にかかったとのこと。
10月30日の岐阜基地航空祭のときには普通に展示されていたから、それまでには作業が終わっていたのだろう。

このほかにも、飛行試験に備えて地上で行う作業として、機体の空力弾性振動特性を把握するための「地上振動試験(Ground Vibration Test:GVT)」などもあり、初飛行前後の試作機が地上で行うべきヘビーな作業は少なくない。
従って、ロールアウトや初飛行の前後に、数ヶ月のオーダーで飛ばない期間が存在することは、当たり前のことなのだ。


なぜポケモンGOが交通事故の原因として叩かれるのか

運転者がポケモンGOをやっていて小学生を轢き殺したという痛ましい事故があり、愛知県の一宮市がゲームの運営会社にシステム変更の要望を出したそうだ。
また、これに前後してバスの運転手が運転中にポケモンGOをやっている動画がネットにアップされ、これもバス会社が乗務中のスマホ携帯を禁止したとか。
これら一連の動きに対して巷でもいろんな反応があるのだが、なんだか幼稚な反応が支持を集めているような様子だったことが気になって、このエントリを立てた。

結論から言うと、やはりポケモンGOのゲーム設計には問題がある、ということが言いたいのだ。

さて、上に書いた「幼稚な反応」というのは、以下のようなものだ。
ポケモンGOが原因の交通事故で運営会社に原因を求める人達は缶ビールとかどう思ってるの? カーナビは?
上記リンク先の記事では、「缶ビールってもっとカジュアルに交通事故誘発できるよね。」などと述べて、事態がポケモンGOのゲーム設計の問題ではく、原因は本人に求めるべきだと言っている。
また、twitterのTLにも、以下のツイートが流れてきた。


缶ビールではなくバットに例えているが、主旨は同じである。
道具が悪いのではなく使う人間が悪いのだ、と。
ごもっともだが、とても幼稚な論である。

さて、本題に入る。

ポケモンGOは、缶ビールやバットとは全く違う危険性を孕んでいる。
それは、「移動しながら画面を注視することに強いインセンティブが働く」ゲームだということだ。
運転中にも、いや、むしろ運転中(移動中)だからこそ、小さな画面への誘引が常に伴う。
この誘惑は、運転中(移動中)であるがゆえに高まるという仕組みを持っている。
人間工学的には、極めて事故を招きやすい機構が働くのだ。
これは、酔うと運転したくなる缶ビールや、持つと人を殴りたくなるバットのようなものだ。
この点で、ポケモンGOにはシステム改善の余地はある。
システムの変更はユーザーの利便性を損なうことになるだろうが、それは事故リスクとのトレードだ。

誘惑に勝てない人間が存在することは、社会に課せられたリスクだ。
そのことを考慮しないシステム設計論は、幼稚な論でしかない。


【買いました】断線しにくい”高耐久”VolutzのmicroUSBケーブル【おすすめ】

以前のエントリにも書いたとおり、スマホ充電用USBケーブルの断線に悩まされて以来、安物のUSBケーブルは避けています。
そんな私ですが、最近お気に入りのケーブルを入手したので、ご紹介します。
スウェーデンのメーカー、Volutz社のケーブルです。
今回購入したのは、Micro USB ケーブル 1m(5本セット)。
価格はキャンペーン等によって変動するようですが、僕が買った時は1,698円(税込)でした。1本あたり約340円になりますね。安い!

package
こんな箱で届きます。
パッケージングの感じは、充電器やモバイルバッテリーで人気のAnkerとよく似ています。
スマートでかっこいいです。

dsc_0007
箱の中身はこんな感じ。5色のカラフルなmicroUSBケーブルが、きちんと収まっています。
カラフルです。

cables
耐久性のあるナイロン被覆ケーブルに、ガッチリしたコネクタ部分。
外箱にabuse-friendly(乱暴な扱いにも大丈夫)と謳っているとおり、実に丈夫そうな作りです。
15000回以上の折り曲げに耐えるそうです。

connector
コネクタ部分は金メッキが施されています。
スマホなどに繋いでみると、まったく緩い感じはなく、かっちりした剛性感があります。
このへん、安物のケーブルとは違って、精度の高さを感じます。

既にあちこちのブログでも紹介されていますが、このケーブル、ほんとに良い。
丈夫なうえにスタイリッシュ。価格も安い。非の打ち所がありません。
なお、日本での取り扱いチャンネルは、Amazon.co.jpに限られているようです。

なお、Volutzのケーブルは、この5本セット以外に、3本セット、1本売りもあります。
Amazon.co.jpでお確かめください。
おすすめです!


【買いました】富士通arrows M03【SIMフリースマホ】

3年半使ってきたスマホ、HTC J Butterfly HTL21の調子が悪くなり、使用に耐えなくなったので、買い換えることにしました。
回線はmineoのAプランを使っているので、買い換えにあたってはau端末の中古かSIMフリー端末が選択肢でした。
いわゆる「おサイフケータイ」機能だけは欲しかったので、多くの外国製スマホは候補外。
また、中古スマホ(いわゆる白ロム)も結構なお値段なので、それくらいなら新品を買おうということに。
で、CPUスペックはやや貧弱ながら、防水防塵、おサイフ、ワンセグという、日本向け機能てんこ盛りの富士通arrows M03を選びました。
ちょっと使用感をレビューしてみたいと思います。
arrows M03
購入
arrows M03は、各MVNOが回線契約とセットで販売しているほか、大手家電販売店でも売られています。
僕の場合はmineoと契約していましたので、迷うことなくmineoで購入。
一括払いの購入価格は31,800円(税込34,344円)でした。
MVNOと契約せず、docomoやauなど大手キャリア回線でarrows M03を使いたい場合は、Amazonや楽天を含む家電量販店で入手することになりますが、少し割高になります。

カラーバリエーション
カラバリは黒、白、ピンクの3色。
MVNOの特別色として、楽天モバイルではシャンパンゴールド、mineoではグリーンも用意されています。

同梱品など
届いたパッケージ。質素な段ボール箱ですが、海外製スマホなどと比べると大きな箱です。
充電用のACアダプタとUSBケーブルが同梱されています。
dsc_0005
下写真は同梱されていた各種ドキュメント。
「かんたん操作ガイド」など、初めてスマホを使う人などにとっては心強いことでしょう。
ドキュメント類

パフォーマンスは実用十分
arrows M03を選ぶにあたって気になっていたのが、CPUスペックとRAMの大きさ。
クアッドコア1.2GHz、RAM2GBというスペックは、3年半も前に買ったHTL21と同じようなものです。これで大丈夫なんだろうか。
しかし、実際に使ってみると、メールやtwitterを使ったり、普通のアプリを使ったりする範囲では、動作がもたつくようなこともありません。僕はスマホでゲームはやらないので、そんなにCPUスペックに依存した使い方はしないのです。
なにかCPUパフォーマンスが影響している動作はないかと注意深く観てみると、サイズの大きなJPEG画像ファイルを開くとき、一瞬だけ「ジワッ」と滲むような表示の遅れがありました。CPUがJPEGをデコードするときの動作だと思います。でも、実用上気になるようなものでもありません。
そんなわけで、ゲームのように高パフォーマンスが要求される使い方をしなければ、実用上スペックの低さは問題にならないと思いました。

720×1280のディスプレイは大人しい発色
以前使っていたHTL21は1080✕1920のFHDディスプレイだったので、僕にとって720×1280のarrows M03はスペックダウンとなってしまいました。
しかし、写真などを表示させても解像度が荒いという感じはなく、別に気になることはありません。
むしろ、解像度を抑えることで消費電力が少なく済んでいるはずで、そのメリットのほうが大きいように思います。
IPS液晶を使っており、ディスプレイの発色は大人しい印象でした。

電池の持ちが良い
メーカーでは「余裕の電池3日持ち」と謳っています。
使い方にもよりますが、普通の使い方だとさすがに3日は持たないかな。
でも、電池の持ちが良いというのは本当に実感できました。
普通に使っていて、電池残量を見ると「あれっ、まだこんなに残ってる」と思うこともあります。
3日持ちはともかく、以前より充電の心配をしないで使えるようになりました。
これは、CPU性能やディスプレイ解像度を抑えた結果、消費電力が少なく済んでいるのでしょう。
スペック優先ではなく、省電力に力を注いだスマホです。
発熱も少なく、これまで使った範囲では、熱くなるということがありません。

カメラの画質はそこそこだが広い画角が嬉しい
カメラの性能はどんなもんだろう、と試しに数枚撮ってみましたが、まあ、スマホのカメラって、こんなもんかな、という程度。
暗い場所では、それなりに高感度ノイズが乗ってきます。
カメラの画質に関しては、特筆するほど悪くはないけど、威張れるほど良くもない。
スマホ写真の画質に強く拘る人には、あまりお薦めはできないと思います。
良い点としては、カメラの画角が広いこと。
カメラアプリのCamera FV-5で、35mm版換算にして23mmと表示されますので、かなりの広角レンズです。集合写真や風景写真に威力を発揮しそうです。

日本語入力システムが使いやすい
本機は日本語入力システムに「Super ATOK ULTIAS」を搭載しています。
僕は、これまで有料版のATOKを使っていたのですが、Super ATOK ULTIASのおかげで、有料版の出番がなくなりました。
日本語入力システムは個人の好みがあると思いますが、もともとATOKユーザーだった僕には、本機のSuper ATOK ULTIASは使いやすいものでした。
もちろん、気に入らなければ別の日本語入力システムをインストールして使えばいいのです。

防塵・防水
カタログでは「お風呂」でも使用できると書かれているくらいで、十分な防塵・防水性能があるようです。
実は前に使っていたHTL21も防水スマホだったのですが、USBケーブル差し込み口は防水のためにキャップがあって、充電の際などはいちいち外さなければならず、煩わしいものでした。
しかし、arrows M03はキャップレスで防水を実現しており、そんな煩わしさもありません。これは嬉しい。
防塵・防水を実現しながら、使いやすさを犠牲にしていないところが、このスマホの美点だと思います。

ホーム画面
本機のホーム画面は、LeafUIとNX!ホームの2種類が用意されていますが、僕は今のところLeafUIで使っています。
どちらでも使いやすく、今となっては以前使っていたHTL21よりも良いと思えるようになってきました。
これも慣れでしょうか。
なお、下画像はNX!ホームのキャプチャです。
screenmemo

おサイフとワンセグ
日本国内の需要に応えるおサイフとワンセグ。
おサイフは、使う人にとっては外せない便利機能。僕もそうです。
ちなみに、楽天edyとnanacoを使っていますが、問題なく使えます。
ワンセグは僕にとってあってもなくてもいいのですが、いざというときや、暇つぶしに、あれば有り難いこともあるでしょう。
本機が優れているのは、ワンセグ用の伸長アンテナが内蔵されていて、イヤホンを挿したりしなくてもワンセグが受信できること。
スマホによっては、ワンセグ搭載と言いながらアンテナ非装備で、イヤホン・ケーブルをアンテナ代わりにする機種もあるようです。
本機は、そんなこともなく、いつでも必要なときにワンセグ受信ができます。
当たり前のことが、当たり前にできる。

おすすめ
総合的に見て、このarrows M03は、日常使いにピッタリの実用的なスマホだと言えます。
スペック的に突出したものはないけれど、普段使うための機能がしっかり盛り込まれていて、ちゃんと使える。そして使いやすい。
3万円台というお値段も、スマホという日常的に身に付ける実用品の価格として、納得できるものだと思います。
ガラケーからの乗り換えを含め、幅広いユーザーにお薦めできる機種です。

おすすめできない
一方で、演算パフォーマンスが抑えられているため、スマホをゲーム機として使いたい人には、本機はお薦めできません。
自分はゲームをやらないのでわかりませんが、たぶん本機でヘビーなゲームを遊んだら、ゲーマーにはストレスが溜まることでしょう。
また、スマホのカメラに高い画質を期待する人にも、あまりお薦めとは言えないでしょう。カメラの画質に拘るなら、やはりハイエンドの製品を検討したほうが良いと思います。

以上、簡単な使用感でした。