平和シンポジウム「各務原空襲を忘れない」のウヨっぷり

各務原市で催された「平和シンポジウム 各務原空襲を忘れない」という のに出かけてみた。
米公文書館の所蔵フィルムの中から、各務原空襲を撮影した映像が見つかったので、その上映と合わせての講演ということだった。
しかし、映像は「B-29による爆撃:47秒」「P-51の機銃掃射(ガンカメラ映像):7秒」と非常に短い。朝9:30から昼の12:30までのプログラムで、ほとんどは「講演」(?)である。

「平和シンポジウム」というものの、およそアカデミックなイベントではなく、あくまで「戦争の記憶を風化させない」ための市民向けイベントである。
空襲映像を見せて「平和を考える」というのも、陳腐で定型的なイベント主旨だが、この種の企画では仕方がないだろう。そのことに意味がないとは思わないし、こういう機会を作ったことは評価されてよいと思う。

さて、配布されたコピー資料を見ると、6月22日は各務原市「平和の日」だそうだ。

各務原市は、薄れていく戦争の悲惨さを顧み、平和の尊さを後世に伝えるため、各務原空襲のあった6月22日を「平和の日」と定め、平和の誓いを新たにするものとする。

配布資料より

戦争はダメに決まっているではないか

配布されたコピー資料には「平和を考える前に ある若い二人の会話」として、架空の会話が書かれており、最後に「難しいことは知らないけど、とにかく戦争はダメに決まってるよ!」
と言わせている。

これは、「戦争はダメに決まっている」と決めつける前に、いろいろ知るべきだ、ということを言いたいのだろう。
しかし、詳しく知ろうが知るまいが、 「戦争はダメに決まっている」のである。
「難しいことは知らないけど、とにかく戦争はダメに決まってるよ!」 に対して、「平和を考える前に」と題して、なにを訴えたいのか。

「戦争はダメに決まっている」 という当たり前の意見に対して
「太平洋戦争はどうして起きたか知ってる?」
とか
「各務原空襲で、どんな爆弾が使われたか知ってる?」
とか、なにを訴えたいのか。

愛国美談への誘導

よくわからないことが書かれた後に、訴えたいことは書かれていた。
学徒動員で飛行機の部品製造をさせられる女学生の写真の横に、こう書かれているのだ。
かなりトンデモなので覚悟して読んでほしい。

彼女たちは間違ったことをしたのか?
人殺しの道具を作った?
戦争の協力者?

「よく頑張ったね」と言ってあげたい

学びたい・遊びたい・おいしいものを食べたい
という気持ちを一切我慢して

守るべきものを守るために働いた彼女たちに
何の罪があろうか

めちゃくちゃである。

学徒動員に駆り出され、 学業を放棄させられた若者に向かって、「よく頑張ったね」だそうである。
「守るべきものを守るために働いた」んだそうだ。

これは「ひめゆり部隊」や「特攻兵」賛美と同じ、陳腐な「愛国者」論法である。
戦争の犠牲者を「愛国美談」の主人公にすることで、国家による「戦争」が庶民に押し付けられる不条理な暴力を、簡単に免罪してしまう醜悪な欺瞞だ。

彼女たちが、なぜ「一切我慢」させられたのか。彼女たちが信じ込まされた「守るべきもの」とはなんだったのか。

彼女たちは、間違いなく「人殺しの道具」を作っていたし、「戦争の協力者」であったし、それは人類普遍の倫理に照らせば「間違ったこと」である。
しかし、責任を問われるのは、それを彼女らに強いた者であり、彼女らに向かって「よく頑張ったね」などという戯言を投げつける者である。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください