「風立ちぬ」 宮崎駿は設計者を描けていない

ご多分に漏れず、僕も映画「風立ちぬ」を観てきた。
ディテールがとてもよく描写された、美しいアニメーション映画だった。
興行成績もよいらしく、概ね好評を得ているようだ。

一方で、「零戦をつくった責任について無邪気すぎる」という評もあった。
紙屋研究所:2013-08-18 映画「風立ちぬ」を批判する

なぜゼロ戦開発、少なくとも九六式開発が描けないのかという問題に移ろう。結論からいえば、「零戦をつくった責任について無邪気すぎる」ためであり、ぼくのこの映画に対する最大の批判点はまさにその点にある。

まあ、兵器を作る者の責任について、何らかのエクスキューズを求める気持ちはわかるが、この映画にそれを求めるのは筋違いだろう。
むしろ、同じ批評にある「飛行機にかける夢についてはロジックがまったく詰め切れ」ていない、という点のほうが、この映画の主題において重要だ、というのが僕の意見だ。
というわけで、この点については自分でも思うところがあり、ここで少し触れてみたい。

まず、この映画では、戦闘機を開発するモチベーションとして、作中の堀越に「美しい飛行機をつくりたい」と言わせている。
(参考リンク:J-CAST)

・・・・とんだ寝言である。

現実の飛行機設計者は、そんなふうに思って飛行機を開発してなんかいない。
優れた飛行機が美しいのは、設計者が「美しく設計する」からではなくて、とことんまで機能や性能を追求した結果、必然的に機能美が宿るからに他ならない。
「美しい飛行機を作ろう」として、優れた飛行機など生まれっこないのだ。
とりわけ、零戦のように、相矛盾する要求に対して高度な妥協点(コンプロマイズ)を求める戦闘機においては、設計者にとって要求実現の追求だけが全てであって、美しさなどというものは、その結果からしか生まれようがない。

宮崎駿は兵器マニアを自認していて、多くの作品中に自身の創作による飛行機を多く登場させている。
けれども、工業製品たる航空機の設計に宿る本質は、本作においてもまったく描くことができていない。
先のリンクで、本作では「飛行機開発が描かれていない」と評されているが、実にそのとおりである。
しかし、その理由は「零戦をつくった責任について無邪気すぎる」からではなくて、アニメ作品を創作するクリエーターである宮崎駿には、工業製品である「飛行機にかける設計者の想い」や「設計・造形のロジック」が根本的に理解できていないからなのだ。
その点において、宮崎駿は、飛行機マニアとして落第である。

Amazon.co.jp: そのほか、零戦と堀越二郎の関連書籍


ジェット燃料JP-8をJET A-1に切り替えるとは?

隅田金属日誌(墨田金属日誌)というブログサイトで、「米軍もJet-Aを使うってさ」と題した記事が書かれていた。

米空軍が民間燃料を使うというニュースがある。これこれなのだがね。高い軍用統合燃料JP-8から、民生用のJet-Aに切り替えてみましたという話。

JP-8もJet-Aも、基本的には、同じ燃料なので何も起きない。普通にエンジンは回るし、普通に飛ぶ。凍結防止剤ともう一つを添加したとあるが、これも特に必要なものではない。民間機はJet-Aのままで高空で飛んでいるし、ICAOも問題にしていない。

これについては大略間違っていないが、少し理解不足があるような気もするので、以下に補足してみる。
まず、JP-8とJet A-1は、そもそも燃料としては全く同じだ。民間規格ではJet A-1だし、軍用規格では多少の添加剤を加えてJP-8としているにすぎない。では、なぜJP-8とJet A-1は価格が違うのか?
それは、JP-8としての認証を取得して維持するために、MIL規格の品質管理規定を守らねばならないので、多額の費用がかかっているものと考えられる。つまり、Jet A-1と同じものだけど、JP-8のラベルを貼って売るために、それだけの追加コストがかかるということだ。
(他の製品分野でも、実はこういうことはよくある。米軍では、こういう不合理を正すために、多くのMIL規格について廃止や格下げ、民間規格への置き換えを進めてきた経緯がある。90年代のMIL改革と言われる事業で、我々の業界は少なからぬ影響を受けている。)

今回JP-8をJet A-1に替えるというのは、同じ内容の規格であれば、同等の民間規格に基いて調達しても良い、という判断だと言える。
分かりやすく例えるなら、ある材料がメートル法でなくフィート・インチ法で検査されたものであっても、同じ長さであれば購入して良い、というような意味にすぎない。
だから、JP-8を指定された軍用機にJet A-1を入れても、何も問題が起きないというのは、技術的に正しい。この点は墨田金属さんの記事も間違ってはいない。

しかし

別にJet-Bでも、JP-4でもJP-5でも、何も起きない。陸空自衛隊機、海自機、海保機、米軍機は、他所の基地や艦艇で燃料を貰うことがあるが、燃種が切り替わっても、さらにタンク内でコンタミしても、何も起きない。

この部分の理解には大きな間違いがある。

JP-8指定の機種にJet B-1やJP-4、JP-5を入れたらどうなるか。
これらはJP-8やJet A-1とは異なる物性(引火点、沸点、比重など)を持っている。墨田金属さんが書いているように「燃種が切り替わっても、さらにタンク内でコンタミしても、何も起きない」なんてことは、言えない。

確かに、ジェットエンジンはあまり燃料を選ばない性質がある。しかし、エンジンも航空機も、予め使用燃料を想定して設計されているので、想定外の燃料を使用すれば、想定外の不具合(トラブルや事故)が起こる。
これが料理のレシピ程度の話なら「まあ大丈夫じゃねえの?」とやってみるのもありだが、航空機の運航に関してはありえない。厳密な技術検討と実地試験を抜きにして判断は不可能だ。
実際、燃料性状に機体(エンジン)側の設計が合致していないための不具合は起きている。

現在、たとえば米空軍の多くの機種では、JP-4でもJP-8でも使えるようになっている。けれども、それはその前提で設計されているか、あるいは個別に検証し、問題点については対処した結果、使えるようになっているだけだ。そして、使用可能な燃料の種類については、ちゃんと機体のスペックやマニュアルに、使用条件とともに明示してある。それ以外は、現場の勝手な判断で使ってはならない。

もちろん、素人さんの書いたブログを読んで、ああそうなのか、なんでもいいんだ、と勝手に指定外の燃料を給油するような馬鹿は、航空従事者にはいないことはわかっている。
しかし、ちょっと気になってしまったので、少しでも誤解を正したいと思い、駄文を奏した次第。


ネット上の作り話

実話と称して2chに書きこまれた作り話が「まとめサイト」で評判になり、ちょっと物議を醸していました。
著名人なんかも釣られてtweetなんかしていたようで、それがまた「まとめサイト」で話題にされています。
2ch「ゲーセンで出会った不思議な子の話」への著名人の反応
騙された方に罪はないかもしれませんが、「めっちゃ泣く」とか「マジ刺さる」とか、あまりにアレな人もいて、さすがに引いてしまいました。
こういう「作り話」はネットのあちこちに転がっていて、純朴な人を感動させたり、商売のネタになったりしています。
ドラマ化された「電車男」なんか、その嚆矢かもしれません。
多くの「作り話」が、誰に指弾されるでもなく、放置されています。
ただの安っぽい恋愛ドラマなら、そういうふうに放置されても、たいした実害は感じません。
しかし、政治的な意図や、差別的な意図を持った「作り話」は、悪質です。
たとえば、下に引用したようなコピペ。どう見ても作り話だと思います。
かなり読んでて気持ち悪くなります。

自衛隊の駐屯地祭・・・・
で例によって変な団体が入り口で、例によってわざとらしくデモをして
来場してきた人達は皆表情が曇る。
響く拡声器の音・・・・喚く集団・・・・中には子連れで泣き叫ぶ女まで・・・
盛り上がるデモ隊
その集団に向かって、大きな旅行カバンを持った一人の女子高生が向かっていく。
少女「なんやあんたら地元の人間か?」少女は関西弁で話しかける
団体の先導「私達は全国から集まった市民団体で憲法に背く自衛隊の・・・云々」
少女は見る見る怒りの表情に変わる
「・・・・・・で、そろいも揃って何しにきたんや?」
団体の先導「憲法違反である自衛隊賛美ひいては軍国主義への増長へと繋がる・・・云々」
演説が続く中、さえぎるように「オイ!!!」と少女は怒号する
少女「私は神戸から来た人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「ええか・・・・地震で埋もれた家族を瓦礫よかして助けてくれたのはここの部隊の人や。
冬の寒い中ご飯作ってくれて、でかい釜作って風呂沸かしてくれてくれたのもここの部隊の人や。
夜は寝ないで槍持って泥棒やレイプ起きひんようにパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
そして・・・・・」
少女は、涙を流し始めた
「そして、自分らの食う分の食べ物まで、家無くした年寄りに分けてくれたのもここの部隊の人達や。
私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。邪魔するな!!!」
周りには話し声一つ聞こえない・・・・
最後に、涙を堪え、搾り出すように少女が言った
「あんたらにわかるか?
消防車が聞こえても通り過ぎるだけの絶望感が!
助けを呼ぶ声が聞こえなくなってゆく絶望感が!
燃えカスみたいになった・・・めちゃくちゃになった街へ
ここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」
最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
団体は、波が静かに引くように、ちりジリに帰ってゆく・・・・
大きなカバンを抱えた彼女は、駐屯祭への門をくぐった時に
守衛の自衛官が彼女に直立不動のまま敬礼していた。
その敬礼は、彼女が人ごみに消えるまで続けられていた・・・・・

前述した「ゲーセンで出会った女の子」の話と同じく、これも嘘だと証明することはほとんど不可能です。
せいぜい、コピペの元をたどって、作り話の生い立ちを探るくらいが関の山。
この話を創作した人は、自衛隊が好きで、左翼団体が大嫌いな、いわゆる「愛国者」を自認する人でしょう。
でも、こういう作り話が大衆を慰撫するという現実は、日本人として、とても恥ずかしいと思うわけです。


學而時習之 不亦悦乎(学びて時に・・・)

昔よく読んだ岩波文庫の「論語」。
久しぶりにまた読んでみたくなっった。
最近の「論語」本には、現代人の目から見た勝手な解釈を交えたものが多い。
それらは、論語の説く仁・徳・礼を、つまらない「処世訓」に矮小化してしてしまう。
そんなのはハナからお呼びでない。
というわけで、今回も金谷治訳注の岩波文庫だ。
學而時習之 不亦悦乎