Amazonで売られている認証済みKF94マスク(+贋物情報)

Amazonで売られているKF94マスク、中国製などの不正品があるようなので、韓国の当局認可を受けていることが確認できているものをまとめていきます。また、最後には不正品の情報も載せています。
(追加があれば書き加えていきます。)

僕が自分で確認したもののほか、JeongWoo @tenichi08さんが確認してくださっている情報も参考にしています。

認証品であるかどうかは、韓国政府の食品医薬品安全処が運営する「医薬品安全の国」のホームページで確認できますが、ハングルが使えないと調べることができませんし、検索にも手間がかかります。
また、JeongWoo @tenichi08さんの調べでは、ハングルが書いてあっても不正品は少なくないようです。

なぜKF94マスクなのか

コロナウイルスの感染防止策として重要なマスクですが、ウレタンマスクや布マスクは、感染防止効果がほとんどありません。
不織布マスクであっても、顔との隙間ができたり、ウイルス粒子の捕捉性が十分でないなど、必ずしも効果が高いとは言いにくいのが実情です。
そうした中で、KF94規格認証を得たマスクが、一般向けのマスクとして最も実用的で有効です。
このへんについては、コロラド先生こと牧田寛さんが記事を書いておられますので、参考にしてください。

KF94マスクは韓国製のはず

KF94規格への適合が認められた製品は、製造品質が維持されているかどうか継続的に監査が行われるので、基本的に韓国内の工場で製造されたものに限られてしまいます。いまのところ、韓国外の製品が認証されたという情報はないようです。

なので、KF94と銘打っていても、中国製だったり日本製だったりすれば、それは認証されていないのにKF94を詐称している製品だと考えられます。
そのため、韓国製でないことが確認できた製品も、ここでは「不正品」としてリストアップしていくことにします。

確実な見分け方はないけれど、最低限ここだけは

確認作業をしていると、特に韓国語のできない日本人にとって、外観だけで不正品を見分けることは難しいと思いました。

しかし、Amazonで見ている範囲では、不正品の商品ページは「韓国当局の認証取得品」とまでは書いていないものばかりでした。
つまり、第三者認証機関の検査証明書を出したり、ハングルを大々的に書いたり、KF94規格とは書いているけれど、韓国政府の食品医薬品安全処による認証を受けている、とまでは書いてないのです。

たぶん、そこまで書くと明らかな詐称になるので、バレたときのペナルティが大きいのでしょう。
そのため「KF94規格」とか「韓国で人気」とか、よくある「消防署の方から来ました」みたいな詐欺の常套手段を使っているのです。

なので、本当にKF94認証品が欲しい場合は、せめて「韓国政府当局の認証取得品」であることを明確に謳っている商品を買いましょう。
それ以外は、いくらKF94と書いてあっても、疑った方がいいです。


ここから商品リストです

※ 表示されている価格は入り枚数によって変わりますので、入り枚数と価格はリンク先で確認してください。


クローバーマスク

ちゃんと認証を受けた製品です。

10枚入りと30枚入りのパッケージがあります。
色は白とブラックがあります。


クローバーマスク(日本語パッケージ)

輸入代理店が日本語パッケージを販売しています。
韓国語パッケージと同じですが、ちょっとだけ高いですね。


Jway

株式会社ジェイウェイ(주식회사제이웨이)の製品は認証品でした。


EG GUARD

けっこう見かけますね。正規認証品です。


Airish Plus

これは僕も使っているものです。もちろん認証を受けた製品です。
20枚~500枚の単位で販売していて、とても売れ行きが良かったみたいです。

が、生産工場火災のため輸入が止まってしまい、当面は入荷しないようです!



Qoo10で韓国から買うのもいいかもしれません。

[Qoo10] [Airish公式] KF94クリーンシールドマスク / KF-ADマスク(2種)

WWW.QOO10.JP

HAPPYDAY

Amazon’s Choiceにも選ばれています。認証品であることを確認しました。
10枚入りと25枚入りがあるようです。


マスク KF94 イェップンオンニ

認証品です。


ケアフル

認証品です。20枚入りと50枚入りが売られています。


skycare

少し小さめで女性向けにアピールしています。
これも食品医薬品安全処のデータベースで確認できました。認証品です。


エアウォッシャー

韓国の巨大企業グループLGの名前が見られる「エアウォッシャー」も、ちゃんと承認リストにありました。
Amazonなどで見かけるのはエアウォッシャーBASICですが、承認リストにはエアウォッシャープラスというのもあるようです。
(また、エアウォッシャーBASICにはKF94でなくKF80規格の製品もあるようです。)
パッケージごと偽造している製品でもない限り、LGのエアウォッシャーは大丈夫だろうと思います。


FLAX

パッケージは日本語で、ちょっと怪しいのかな?と最初は疑ってしまいましたが、韓国Kyungin FLAXブランドの認証品のようです。
アメリカなどではかなり売られているブランドのようです。


PREVENT

청연스카이(CHEONGYEON SKY)社のブランドです。
ちゃんと認証されていました。

Qoo10で韓国から買うと安いです。

[Qoo10] 요이치 프리벤트 KF94 마스크

WWW.QOO10.JP


アジャンアジャン(올림생활아장아장마스크(KF94))

子ども用に適した小型サイズのようです。認証されているのを確認しました。


OLISMO ミプダ 미뿌다

正規認証品だそうです。


Blueマスクも韓国当局認証品のようです

アメリカFDAの認証とか謳っています。
商品ページの写真が小さいのですが、良く見ると韓国当局承認のマークがあるように見えます。
「의약 부외품」(医薬部外品)「식약처 허가 제품」(食品薬品安全処許可品)?

また、ブルーインダストリという会社は認証を得ているらしいことをお知らせいただきましたので、認証品と判定します。

また、見落としていましたが子供用として人気の高い、虎の絵が描かれた「オフン」、通称「ガオーマスク」も、このBlueマスクの製品のようでした。

認証品です。


TRYマスクも認証品

黒猫の描かれたTRYマスクも認証品でした。

エスビーダブルユー(에스비더블)というのは商標?なんでしょうか。


フィピュアは認証品

Amazonの商品ページで認証を謳っているフィピュア、ちゃんと確認できました


BOTNはTiA社の認証品

BOTNというブランドで出ていますが、TiAという会社の認証品です。


LALAは日本企業のプロデュース(製造は韓国)

「日本初KF94認証取得」という触れ込みで売っているLALAマスクですが、調べてみると認証品のようです
当然ですが製造工場は韓国にあって、製品にも「Made in Korea」と書かれているようです。


Good mannerは認証品

Amazonでは「ノーブランド」として売られていますが、商品写真のものであればハンダヘルスケア(株)(한다헬스케어(주))の商品ですので、認証品であることが確認できます

入り枚数や白/黒のバリエーションで、たくさんの種類があるようです。


AirQUEEN は要注意
(日本AmazonではKF-AD規格品が売られているようです)

わりと定番のAirQUEENなのですが、日本のAmazonではKF94認証品が売られていないようです!
AirQUEENのブランドページ がありますが、KF-ADとかナノフィルターとか、KF94規格ではないものが売られています。

KF-ADも、ちゃんとした韓国の公的認証規格なのですが、KF94よりもウイルスを防ぐ効果は低いので、高リスクの場所には向きません。
(そのぶん呼吸が楽だったりしますので、長時間の装用など、日常使用には向いている面もあります)

 


有名サイトのおすすめだけど不正品

Fabless-gというブランドのマスクが、有名サイトのおすすめになっていましたが、ぜんぜん認証品じゃありません!
有名サイトで宣伝したせいか、こんな製品が Amazon’s Choiceにもなってるのです!


これは不正品!

BXINFというブランド名で多くのマスクが「KF94」として安く売られていますが、認証が確認できない不正品のようです!


これも不正品!

APALUXというブランドで出てますが、不製品だそうです!
高評価レビューが多いのですが、サクラチェッカーの結果は酷いです!



【日本国内検品済】の不正品

購入者のアップした写真によると中国製のようなので、不製品と判定します。

商品ページには、日本国内検品済とか、KF94規格適合とか書いてありますが、どこにも「KF94認証を受けている」とは書かれていません。いわば「自称」しているだけなので、こういう製品がKF94と称して売られているのは、たいへん問題だと思います。


 

 APALUXのKF94マスクも中国製!

これも食品医薬品安全処のデータベースで探して見つからなかったのですが、購入者情報から中国製であることが確認できたので不正品と判定します。

これも「KF94規格適合」を謳っていますが、あくまでも「自称」です。
しかしパッケージにはハングルも書かれており、KF94認証品を装った不正品と言われても仕方がないでしょう。


XIAOLIブランドも中国製の不正品

こういう製品が見つかると悲しくなります。
思い切りハングルが書いてありますが、実際は中国製でKF94認証品ではないようです。

このブランドで数種類出してるみたいですが、当然どれもKF94認証品ではないと思われます。


 


Amazonで売られている認証済みKF94マスク(+贋物情報)」への8件のフィードバック

  1. 画像付きのリストはとてもわかりやすいですね!

    私は夏向けにできるだけ呼気抵抗の低い製品を探していて、パッケージの製品名らしい文字を「ハングル キーボード(韓国語 入力)」というサイトで組み立てて、MFDSのサイトで認証や不適格処理をちまちま確認していました^^;

    あとスマホカメラの翻訳アプリやグーグル翻訳を駆使したり・・・。

    製品名のハングルがわかると、韓国内での評判も探そうと思えば探せるので、不適格処理が発覚したロットと新しいロットを判別できたり、同一販売者(マスク製造者ではない)が日本向けの消費者と韓国向けで異なる商品説明をしていて日本向けの説明が偽造の疑いがあるとわかったり、色々と助かることもありました。(Qoo10に掲載されていたKFADマスクで掲示されたカケンセンターの試験表が疑わしく同センターに問い合わせたところ本物だとは認められないとの回答を得たものもありました。販売店が規格で保証されているより極端に高い性能を謳っている場合、よく確認してみた方が良いかもしれません)。

    それでも袋の中身をすり替えられてしまったらお手上げですが、韓国からの発送なら摘発などのリスクも高くなるので、偽物の可能性はかなり低くなるのでは?と思ってます。

    日本は政府の感染対策が地の底に堕ち続けているから、なるだけ多くの人にこういう高性能マスクで自分や身近な人たちの身を守ってもらいたいです。

    ハングル キーボード(韓国語 入力)
    https://hot-korea.com/tool/translation/keyboard.php

    1. ありがとうございます。
      私もGoogle翻訳とかを使って四苦八苦していますが、確かな情報に辿り着くのが難しく、とても手間がかかりますね。
      ほんとうは、もっと上手いまとめ方があるといいのですが、とりあえず、すぐにできることをやってみました。
      「認証品だと思って買ったのに」という思いをする人が減ればいいな、と思っています。
      また、おっしゃるとおり、可能性は低いものの、外装をコピーした悪質偽造品があったら回避は困難です。
      Amazonなどは独自にコピー品防止の取り組みもしていますが、そうした社会的な取り組みで悪質な製品を排除することも重要だと思います。
      少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

  2.  こんにちは。ブースカさんがご紹介のhttps://www.qoo10.jp/g/850795869/Q177473920 、ぐずぐず悩み決意したら、品切れになってしまいました(しばらくすれば入荷するでしょうけど)。ブースカさんのデルタ株並みなインフルエンサーぶりにびっくりです。ま、小生も知り合いにこのブログを紹介しましたし。
     政府自民党の愚策のお蔭で平民の払うお守り費が上がるばかりです。良いことと言えば、”兄の国”やら”父の国”(パルスオキシメーターを買いました。満足してます)やらと個人で貿易できることくらいでしょうか。
     これからもよろしくお願いします。

    1. ありがとうございます。
      高性能マスクの紛い物が巷間出回っているという話を聞いて、少しでも皆さんの助けになればと思い、及ばずながら参考情報を提供してみました。
      役に立ったという声をいただくと、素直に嬉しいです。
      やってみて気づいたのは、認証品でもないのに「KF94」と大書きして売られている商品の多さです。
      韓国政府当局の認証品を騙っていなければ、そういうパッケージングも「違法」にならないということでしょうが、この21世紀の日本でこんな商売がまかり通っていることに驚きます。
      今後も、少しづつ更新を続けられればと思います。

  3.  こんばんは。その後、ブースカさんが挙げて下さった品をQoo10で一つづつ検索をして値頃なJway60枚セットを買いました。コンビニ払い手数料込みで〆て2030円だったかな。送金から10日くらいで届きました。お世話様でした。
     ファイザーの2回目から2週間経つので免疫もピークだし、KF94を付ければ外出も危険性がいくらか下がったかしら?というところです。

     各国のコロナ危機を見るにつけ金巡りだけでなく(1)革命・植民地独立・民主化闘争経験の有無=平民による為政者へのゲバルトをどれほど皮膚感覚で恐れているか(2)ネオリベや宗教も含めどれほどウヨい人々が多いのか、が政権のコロナ感染制御への意欲と方策の選択に影響しているんじゃないか?ということを考えました。つまり(1)が乏しく(2)が甚だしい本邦は酷いことになっているし、(1)があって(2)が少ない?両岸やニュージーランドは良く抑え込み、(1)はあるが(2)が多めの韓国は苦労してると。で(1)はあるけど(2)が多いor政権を取ってる英米仏比他は大変しょっぱいと。ウヨ思想は”俺さえ良ければいい、他人は俺の喰いもんだ”ということですから、”他人を無条件に守らなければ俺が死ぬ、共同体が滅ぶ”という防疫の真逆であります。ウヨい国、政権がガチな対策を嫌って平民が痛い目にあうのは当然でしょう。で、ウヨな感染対応を掣肘するのが、権力へのゲバルトを辞さない主権者意識(民主主義とは、人民が王を広場に引き摺り出しその首を刎ねることだ)だと思います。三島も?”暗殺や革命の恐怖がなければ、(与党)政治家は真面目にやりはしない”と喝破してました。

    1. ありがとうございます。
      Twitterでも、このエントリが役に立った、参考にしたというコメントをいくつかいただいており、たいへんうれしいです。
      「KF94でなければならない」わけではないですし、「KF94だから大丈夫」という過信もできないのですが、やはり規格認証を得ている製品は安心して使えるので、できるだけ認証品の使用をお勧めしたいですね。
      ちなみに、このエントリからのアフィリエイト・リンクでお買い上げいただいた方もいらっしゃって、ほんとうに些少ですが、利益が出ています。
      せっかくなのでどこかへ寄付しようと思っていましたが、今回はNPO法人キッズドアさんにお預けしようと思っているところです。
      https://kidsdoor.net/support/individual
      コロナ禍の中で収入が激減した一人親世帯など、苦しんでいる人、困難に直面している子どもも多いです。
      自分たちの私腹を肥やすことにしか関心のない政府には、つくづく失望を感じます。

  4. 更新ありがとうございます!

    >AirQUEEN は要注意
    >(日本AmazonではKF-AD規格品が売られているようです)

    Qoo10だとKF94のAirQueenもあり、そちらは認証されているようですね。
    https://nedrug.mfds.go.kr/pbp/CCBBB01/getItemDetail?itemSeq=202009299

    ナノフィルターのAirQueenは、昨年、米国立個人用保護具技術研究所(NPPTL)が施したN95用のテストで、捕集性能に90~97%と個体差があるという結果が出ています。

    https://www.cdc.gov/niosh/npptl/respirators/testing/results/MTT-2020-173.5_International_Toptec_AirQueenNanoMask_TestReport_Redacted-508.pdf

    たしかKF94が輸出解禁される前から出回っており、マスク不足の折、再生利用しやすい点も売りでした。今はコストや捕集性能、規格の厳格性で、KF94バージョンに軍配があがりますね。

    1. 詳しい情報ありがとうございます!
      なるほど、AirQueen の製品にはいろいろな背景があるのですね。
      各社独自技術もあって、それぞれの良さや販売戦略があるのでしょうが、KF94の製品も日本で販売してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください