【買いました】SoundPEATS Q30 Plus Bluetooth イヤホン

最近はイヤホンもヘッドフォンもワイヤレスのBluetoothが主流。
僕も以前は安価なBluetoothイヤホンを使っていましたが、なんかすぐに壊れてしまいました。
それきりイヤホンを買わなかったのですが、最近はいろいろ商品も充実してきているので、探してみたところ良さそうなのがあったので買ってしまいました。
SoundPEATS(サウンドピーツ)のQ30 Plusです。

この製品、Amazonではベストセラー機らしく、比較的安くて音質も良いようです。
楽天の価格よりもAmazonのほうが安いみたいなので、買うならAmazon経由でしょうね。

製品の謳い文句としては「低音重視の高音質」ということですが、実際に聴いてみた感じ、確かに低音は良く出ている感じで物足りなさはありません。さすがに高級機ほどの「高音質」感はない気がしますが、バランスも悪くないと思います。

僕が気に入ったのは、フィット感が良くて耳が痛くならないこと。
豊富なサイズのイヤーピースが同梱されてるので、自分に合ったサイズを組み合わせて、最適のフィット感が得られるのです。
この価格帯でこれだけの配慮があるのは嬉しいです。他社の製品ではどうなのかな?

なお、充電コネクタはmicro USBで、USB-A/micro USBのケーブルが1本同梱されており、イヤホンと一緒に収納できるセミハードケースが付いています。持ち運びも安心です。

あと、商品説明に「CVC6.0ノイズキャンセリング」とありますが、このCVC6.0(Clear Voice Capture6.0)は通話機能を持ったイヤホンに搭載される機能で、あくまで通話用のノイズキャンセリング機能です。
通話の際に相手の声を聞き取りやすくする機能であって、音楽用ではないので、注意しましょう。

本機購入を考えてる方は、SoundPEATSさんのTwitteアカウントでときどき割引情報なんかも出てるようなので、チェックしてみるといいみたいですよ。

なかなかいいです。SoundPEATS Q30 Plus。
(John Coltraneを聴きながら)


【買いました】mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応 CM01

モバイルPC HP Spectre X360の顔認証ログインがあまりにも便利なので、デスクトップPCにも顔認証カメラを買ってしまいました。
今のところ、Windows Helloに対応したコンシューマ向けの製品としては、マウスコンピュータのCM01が事実上唯一の選択肢のようです。

このCM01は、マウスコンピュータのサイトでも購入できるのですが、やはりAmazonで買うのが安いです。

設置や接続はマニュアルに従えば簡単で、Windows 10の環境でスムーズに導入できました。
最初は自分の顔を覚えさせるため、赤外線カメラに顔を認識させる作業があります。
また、認識精度を高めるために、いつでも認識作業をやり直すこともできます。
私の場合、デスクトップ環境なら、認識エラーなどは起こしたことがありません。
実は、モバイルPCのHP Spectre X360では、外出先で使う際、背景に窓や照明があったりすると、認識に失敗してしまうこともあるのですが、背景や照明の条件が変わらないデスクトップ環境なら、そんな心配もありません。
約7,000円のお買い物になりますが、PCデバイス好きな方には、ぜひおすすめしたい一品です。


【買いました】マウスコンピュータ スリム型 LUV MACHINES Slim iGS410 シリーズ

ちょっと書くのが遅くなってしまいましたが、ゴールデンウィーク前にデスクトップPCを買い換えました。
今まで使っていたマシンはSSDを積んでいない古いスリムデスクトップだったのですが、モバイルPCのSSDがあまりに快適に思えたので、もうデスクトップ機も買い換えてしまうことにしたのです。

今まで2代続けてマウスコンピュータのPCを使ってきたのですが、コスパが良くてカスタマイズの自由度も高いことから、今度もマウスコンピュータを買うことにしました。
マウスコンピュータのマシンは、カスタマイズ自由で余計なソフトもあまり入っていませんから、筐体さえ気に入ったものがあれば、かなり好みのマシンに仕上げることができます。

今回買ったのは、第8世代Core i5を搭載したスリムデスクトップ機で、メモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBの構成です。
ほかも少々カスタマイズしましたが、税込みで101,196円でした。

なかなか使い勝手の良い筐体で、前面にUSB3.0のI/Fが二つ、マイクとヘッドフォン端子、SDカードI/Fも付いています。
SSDなので音も静か、起動も速いです!
ついでと言ってはなんですが、Windows Helloに対応した顔認証カメラCM01も別に買って付けたので、顔認証でログインできます。
この顔認証カメラについては別に書こうと思いますが、かなり世代進化を感じることができた買い換えでした。
満足満足。


【買いました】SHARP AQUOS sense lite SH-M05【SIMフリー】

以前のエントリに書いたとおり、富士通arrows M03が壊れてしまいました。
比較的低価格で、「おサイフケータイ」「ワンセグ」「防水」など、日本製スマホならではの機能が全部入り、というSIMフリーのスマホだったのですが、性能的には貧弱と言わざるを得ず、RAMが2GB、ROMが16GBというスペックも、ヘビーなスマホユーザーには苦しいものがありました。

ともあれ、スマホなしでは生活が不便極まりないので、すぐさま入手できる後継機を探しました。
僕は格安SIMのmineoと契約しているので、探すとしたらmineoのラインナップから選ぶか、SIMフリーのスマホをどこかで入手するか、という選択です。
実は、「おサイフケータイ」に対応しているHTC U11 lifeという製品に興味があり、mineoで取り扱わないかなあ、と思っていたのですが、待っている余裕はなくなりました。
そこで目についたのが、SHARPのAQUOS sense lite SH-M05でした。

AQUOS sense liteは、SIMフリーで提供されていて、mineoでも取り扱っているのでした。
一括購入で33,000円ですから、中~低価格帯の製品といえますが、「おサイフケータイ」もついて、防水性能もあります。「ワンセグ」はありませんが、ほとんど使うことはないので、別に構いません。
そして、壊れてしまったarrows M03と比べて、プロセッサが新しいのは当然として、RAM3GB、ROM32GBと、ふつうのスペックを持っています。
これなら購入しても後悔することはないだろうと思い、ちょっと調べてみたら、Amazonでは28,000円くらいで売られています
mineoで買うのと5,000円もの差額がありますから、Amazonで購入することにしました。Amazon強い。

【SH-M05のよいところ】
というわけで、AQUOS sense lite SH-M05をしばらく使っているのですが、不満を感じる場面はありません。
arrows M03よりも軽快に動くし、アプリケーションもたくさんインストールできます。
arrows M03を使っていたときは、ときどきアプリが固まってしまい、非常にストレスを感じたものですが、そういう問題はすっかり解消。
「おサイフケータイ」も相変わらず便利に使っています。
取り立てて「すごい」スマホではないですが、普通に使っていて不満のない機種、ではないでしょうか。

【SH-M05の注意点】
世間ではUSB Type-Cの導入が急テンポで進んでいて、この機種も例にもれずUSB Type-Cを採用しています。
つまり、これまで充電に使っていたUSBケーブルは、使えなくなるのです。
僕は、先に買ったHPのモバイルPC Spectre X360でUSB Type-Cを使う環境になっているのですが、期せずしてスマホもUSB Type-C環境になってしまいました。
とりあえずは、micro USBからType-Cへの変換コネクタなどでも急場は凌げますが、これからはType-Cですね。
なお、AQUOS sense lite SH-M05もちゃんと急速充電に対応しているので、充電アダプタと合わせて、ちゃんと良質のケーブルも用意しておくのがよさそうです。
あと、WiFiの5GHz帯に対応していない、という問題もあります。
世の中2.4GHz帯が主流なので困ることはないのですが、せっかく5GHz帯を活用している人にとっては、マイナスポイントになりますね。
僕もちょっと残念に思っています。まあ困らないけど。
このへんについて不満な人は、もうちょっとクラスが上のSH-M07を買うといいかもしれません。
4万円を超えてしまいますが、もし僕がSH-M05を買ったタイミングで発売されていたら、僕もこっちを買ったかもしれません。
mineoなら43,200円です。

【ほかに買ったもの】
スマホを買うとなると、画面保護フィルムやケースも調達しなければなりません。
とりあえず、手帳型ケースは楽天で調達。
あと、画面保護フィルムは傷修復機能のあるミヤビックスのOverLay Magicにしました。
ミヤビックスのフィルムはHP Spectre X360を買ったときにも付属してきたのですが、なかなか好感が持てたのです。

AQUOS sense lite SH-M05、そろそろ1ヶ月位になりますが、なかなか快適です!


HP Spectre X360 WiFi不安定の解消法

先に購入したHP Spectre X360、かなり気に入っているのだが、ときどき・・・というより、かなりの頻度でWiFi接続が不安定になり、悩まされていた。
この手のモバイルPCにとっては、WiFi接続は生命線ともいうべきもので、ほんとうに悩まされた。
ドライバの更新や再インストールなども試してみたけれども、一向に解消しなかった。
海外のサイトを探しても、同じトラブルに悩んでいる人がけっこういるみたいだ。
ずいぶん探した末に、どうやら有効らしい方法を見つけたので、ここで共有しておく。
How to troubleshoot HP Spectre X360 Wi-Fi issues

英語であるうえ、コマンドプロンプトも使うので、ハードルが高いと思う人のために、ここに簡単に和訳を示しておく。
しかし、1.~6.までの操作は誰もがたどる道だと思うから割愛する。
本題は7.からだ。

1. PCを再起動する。
2. WiFiルーターのほうを再起動する。
3.~6. ネットワーク アダプター(Intel AC8260 または AC8265)のドライバを更新する。
7. コマンドプロンプトを管理者権限で開く。
Windowsアイコン右の「〇」をクリックして cmd と入力し、コマンドプロンプトを右クリック→管理者として実行。
「このコンピュータに変更をうんぬん」の警告は「はい」で進む。
8. コマンドプロンプトの画面で netsh int tcp set heuristics disabled と入力して、Enter。(このブログからコピペでもいい)

9. 続いて、 netsh int tcp set global autotuninglevel=disabled と入力して、Enter。

10. 続いて、 netsh int tcp set global rss=enabled と入力して、Enter。

11. 続いて、 netsh int tcp show global と入力して、Enter。

12. HP Spectre X360を再起動する。

これで治る…といいね。
僕の場合、これでずいぶんWiFiが安定した。
(6月2日追記:完全に治ったわけではないようだ)