Twitterアカウント永久凍結(13)

なんの応答もなくなってしまった

現状は以下のとおりです。

内容証明郵便で申立書を送りましたが、返事がありません。
また、既存のアカウントをリネームした@booskachannの凍結に関する異議申し立てにも、返事がありません。

フォームからの異議申し立てに対しては、いつもの「調査のうえお知らせします」という自動返信があり、これまでのケースでは定型文であっても回答が返ってきていました。
しかし、今回に限っては回答がないのです。
どういうことだろう。

なんらかの答えを得なければ

内容証明でも異議申し立てでも、Twitter社へ説明を求めているのですが、まったく回答が得られていない状態です。

一方で、Twitterでも、さすがにこの凍結はおかしいだろう、という声が、僕と立場を異にする人たちからさえ上がっているのを見ました。

これでは埒が明かないので、Twitter社からなんらかの説明を引き出すべく、法的な手段を採らざるを得ないのかな、と思うようになってきました。

具体的には、民事調停(内容は非公開になります)を申し立てて、説明を聞くという段取りになるのかもしれません。

正直、経済的に苦境にあるので、些細な出費もできないのですが、これは公益を考えてもやらざるを得ないことではないかと考えるに至っています。

要求したいこと

もし、この段階にエスカレートするとなると、僕がTwitter社に求めたいのは、単にアカウントの回復に留まりません。
Twitter社が自ら掲げて約束している「暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシー」が適切に運用されていない状況について、なんらかの回答とアクションを求めることになります。

みなさんご存じのとおり、国内の著名人や与党政治家を含め、明らかなヘイト発言や他民族蔑視のツイートをするアカウントがあふれかえっています。
それらについては、繰り返し通報や批判が行われているにもかかわらず、Twitter社は放置しています。
また、沖縄の基地問題に関するデマゴーグであるアカウントも、ずっと放置され続けてきています。
これらのことが、どのように日本の世論に影響し、日本に住む民族的マイノリティにどれほどの苦しみを与えているか、Twitter社が理解できないはずはないでしょう。
また、SNSがヘイトやデマの拡散装置となっている現状を、なぜTwitter社は座視していられるのでしょうか。

さらに、現在のTwitterは政府機関や閣僚までが「情報発信」を行っており、単なる民間のSNSという枠を超えた公共性を持っています。
しかし、その閣僚らが多くの批判的アカウントを手当たり次第にブロックするという、およそ常軌を逸した運用を行っています。
(みなさんご存知のとおり、アメリカではトランプ大統領が批判者のアカウントをブロックすることが「違憲である」との判決も下されています。)

僕は黙ることを拒否する

Twitter社は、彼らの運営するSNS言論空間においては僕を黙らせたいという明確な意思表示をしています。
しかし僕は黙ることを拒否します。
この先、どうしていくかわかりませんが、とにかく黙ることは受け入れません。

今日のところは以上です。

(・ω・)

このエントリはnoteにも転載しておきます。

Twitterアカウント永久凍結(14)へ→

←Twitterアカウント永久凍結(12)へ


Twitterアカウント永久凍結(13)」への13件のフィードバック

  1. がんばってください❗️ 手に汗握って応援しています。法的措置を取られる際の費用を、クラウドファンディングのような形で集められないものでしょうか…。

    1. ありがとうございます。
      noteのほうで「投げ銭」をくださった方がいらっしゃいます。
      ほんとうにもったいないことですが、ここまで来たからには、自分のアカウント云々を別にしても、なんらかの回答を引き出したいと思っています。
      みんなが「おかしい」と思っていることについて、自分が当事者として対峙する良いチャンスです。
      ( ^ω^ )

  2. そういえば、最近ブースカちゃんのツイートを見かけていませんでしたが、永久凍結されていたのは、驚きです。
    そんな処罰が下される内容では、なかったのに。解凍されないのですかね。

    1. 凍結の基準もはっきりしないのですが、一発で永久凍結になっています。
      Twitterは自社の示す基準で「機械的な処理ではない」ことを謳っていますので、それなら人間が判断しているということですから、なんらかの回答をさせなければいけないと思っています。
      (・ω・)

  3. 信じられない、とショックを受ける気持ちと「twitter japanならやるよね」という妙な納得が入り混じっています。負けないでください。

    1. ありがとうございます。
      なんで僕が槍玉に上がったのかわかりません。
      勝ち負けというわけでもないですが、せっかくなのでTwitter Japanに話が聞きたいです。
      (・ω・)

  4. アカウント復活を期待しております。ただ金銭的な問題があるようでしたら、ご無理はなさらないよう。

  5. いつもツイート拝見し、色々学ばせていただいていました。
    もし民事裁判起こされるなら、ごくごく些少ですが、寄付させていただきたく。
    クラウドファンディングだと、会社に中抜きされるのが嫌ですが…。
    ツイッターでも寄付呼び掛けますので、頑張ってください。

    1. たいへん暖かいお言葉、ありがとうございます。
      今のところは「調停」くらいで話し合いができればいいかな、と思っています。
      せっかく自分が当事者なので、この機会を逃す手はありません。
      できる限り「人間の話す言葉」をTwitterから引き出したいと思っています。
      (・ω・)ノ

      1. 「死んだはずだよお富さん。イやさ、ブースカちゃん。忠犬愛国の毛唐の手下も処分されたか。yunisiolの一報で知ったそうです。これがloopy伝言です。」ツイッター社と法律で争っても「会員規則に違反した」と、いわれるだけで彼女に言わすと法律的には無駄だそうです。loopyの慈悲深い。かつ、ためになる伝言を伝えておきます。お体をお大事におすごしください。でもメールを送ると俺の名前がばれることは仕方がないか。今日は天皇の即位式で休日だな。
        (loopy[の大学の同期生のおとこより}

        1. loopyよ。ツイッター社の日本法人なんて権限がない。米国本社と裁判やれないでしょう。本社所在地の裁判所で長期間も裁判をやれる。金銭的にやる気もないはずでしょ。私がツる「ツイッターに復帰する方法を教えてあげる。水に落ちた犬を助けてあげる。他人を讒訴したから報いが来たのよ。自業自得よ。ツイッタ社はブースカの携帯番号とメールアドレスでブースカ本人をわり出しているからgmailかいインターネットエクスプレスでoutlookで奥さんの名前で新メールアドレスを作る。メールが違うので聞かれないが携帯番号も聞かれたら奥さんの携帯に番号を送るだけなので構わないでしょ。ブースカちゃんのわかるような‘@の後のアドレスは厳禁。@の前は冗談が隠れキリシタンとでもつけておきなさい。マークはパンダなどどうかね。奥さんがツイッター作ってもブースカが架空に作っても利用するのは同じでしょう。娘名前でもいい。ツイッターで見たら前のサイトのマークも何もなくなっていた。@マークだけあった。永久凍結ではサイト自体がすべて消滅。復帰したら前の仲間をフォロウすればカムバックになる。でもブースカちゃんがばれるとまた停止になるよ。(才色兼備のloopyより)  友達のメールから発信した

        2. loopyよ。ツイッター社の日本法人なんて権限がない。米国本社と裁判やれないでしょう。本社所在地の裁判所で長期間も裁判をやれる。金銭的にやる気もないはずでしょ。私がツる「ツイッターに復帰する方法を教えてあげる。水に落ちた犬を助けてあげる。他人を讒訴したから報いが来たのよ。自業自得よ。ツイッタ社はブースカの携帯番号とメールアドレスでブースカ本人をわり出しているからgmailかいインターネットエクスプレスでoutlookで奥さんの名前で新メールアドレスを作る。メールが違うので聞かれないが携帯番号も聞かれたら奥さんの携帯に番号を送るだけなので構わないでしょ。ブースカちゃんのわかるような‘@の後のアドレスは厳禁。@の前は冗談が隠れキリシタンとでもつけておきなさい。マークはパンダなどどうかね。奥さんがツイッター作ってもブースカが架空に作っても利用するのは同じでしょう。娘名前でもいい。ツイッターで見たら前のサイトのマークも何もなくなっていた。@マークだけあった。永久凍結ではサイト自体がすべて消滅。復帰したら前の仲間をフォロウすればカムバックになる。でもブースカちゃんがばれるとまた停止になるよ。(才色兼備のloopyより)復帰したら東京に脚を向けて寝るなよ。男ともだちメールで発信した。

          1. 前のメールは読んだら消すこと。私はンてやさしい江戸っ子女かしら。ツイッターと100年やっても無駄よ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください