MioMapの地図 古すぎ

Mio168をポータブルナビたらしめているのは、音声案内もできる地図ソフト、MioMapである。このMioMapを搭載していることで、GPS内蔵PDAであるMio168は、簡易カーナビとして、あるいは携帯可能なポータブルナビとしての地位を得ているのだ。

しかし、使っているうちにMioMapの地図が古いことに気がついた。
正確には調べていないが、2~3年は古いんじゃないの?

まず、2005年2月開港の中部国際空港は載っていない。
それより前に廃止された近所の私鉄駅が載っている。
また、愛・地球博の会場だった長久手の最寄りインターチェンジもない。
などなど。
MioMapの世界では「愛・地球博」なんて、まだまだ未来の出来事である。

おかげで、我が家から高速道路を使うルート検索をかけると、とんでもない遠回りの答えが返ってきたりする。とても安心できない。
それでも、Mio168は便利である。少なくとも、GPSが働いてくれるので、地図が古くとも、現在位置を見失うことはないからだ。

でもね、やっぱり地図のアップデートは切に望みたいです。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください