學而時習之 不亦悦乎(学びて時に・・・)

昔よく読んだ岩波文庫の「論語」。
久しぶりにまた読んでみたくなっった。
最近の「論語」本には、現代人の目から見た勝手な解釈を交えたものが多い。
それらは、論語の説く仁・徳・礼を、つまらない「処世訓」に矮小化してしてしまう。
そんなのはハナからお呼びでない。
というわけで、今回も金谷治訳注の岩波文庫だ。
學而時習之 不亦悦乎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください