【買いました】断線しにくい「高耐久」スマホUSBケーブル

車で移動中はシガープラグのアダプタからスマホを充電しているのですが、USBケーブルがよく断線するので困っていました。
アダプタとケーブルが一体になってる製品だと、断線すると丸ごと買い替えることになって、とてももったいないです。
そのため、USBコンセントになっているシガープラグ・アダプタを使うことにして、USBケーブルは消耗品と割りきり、断線したら安いケーブルを買い換えることにしていました。
しかし、USBケーブルってそんなに安くない。100円均一の商品でもいいのですが、100均のUSB充電ケーブルって、品質はともかく、短い場合が多いんですよ。0.5mとか。
そうなると、スマホにつなぐ際の取り回しで、ケーブルを引っ張ってしまって、やっぱり断線しやすいわけです。

先日、何度目かのケーブル断線に見舞われて、交換用ケーブルを買いに家電量販店へ立ち寄ったところ、「高耐久」を謳うUSBケーブル(1.2m)が目につきました。
ELECOMのMPA-AMBS2Uという型番で、確かにしっかりした作りになっています。1.2mの長さで、店頭価格は1,200円と、やや高価です。
パッケージ
ちょっと迷ったのですが、これで断線のストレスから開放されるのなら、と、思い切って買ってしまいました。
(あとで調べたら、ネット通販だと1,000円未満で買えますが、普通のケーブルに比べて高いことには変わりないですね)

強度の高いケーブルは、たいてい太くて硬いので、取り回しがしにくいものです。このケーブルも、それなりに太いのですが、恐れていたほどの硬さではなく、1.2mと長さに余裕があるので、あまり苦になりません。
コネクタ
1ヶ月以上使っていますが、これまでのように断線を心配せずに済んでいて、安心感があります。満足できる買い物でした。

ちなみに、カラーバリエーションが、ブラック、レッド、ブルーとあり、長さも0.2m、0.8m、1.2mの3種類が用意されているようです。(当然、長さで価格が違います)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
<追記>
その後、Volutzの高耐久ケーブルが優秀だったので、おすすめします。
別エントリ「【買いました】断線しにくい”高耐久”VoltzのmicroUSBケーブル【おすすめ】」を参照ください!
あるいは、Amazonで扱っているAnkerの高耐久USBケーブルが充実しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


Bluetoothスピーカー JBL FLIP2 買いました


スマホやタブレットで音楽を聞くようになって以来、ずっと欲しいと思っていたBluetoothスピーカーをとうとう購入しました。
AV機器の性能は音質という官能評価で決まるので、どれを買えば満足できるのか、なかなか決めにくいものです。そこで、前提条件として、基準として1万円以内、できれば5000円くらいを目安に、製品を選んでみました。
最初に気になったのは、Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー

お値段が5000円くらいと安いのに、音質などは十分で、コストパフォーマンスが高いという評判の製品です。
しかし、レビューで気になったのは電源を入れた時のビープ音が大きい、という問題。
夜の寝室で音楽を聞こうとしたときに、大きなビープ音がするのは嫌ですね。
そんなわけで、他の製品を探した結果、JBL FLIP2に落ち着きました。
お値段も7000円台だし、デザインも良さげ。なにより、JBLブランドの音質には定評があります。

しかし!
このJBL FLIP2もビープ音が大きかったのです!
電源を入れると、大きな「ピポッ!」という音がするし、Bluetooth接続が確立された時にも「ピッ!」と大きな音で知らせてくれます。

うるさい。

これはたぶん、持ち運びできるポータブルスピーカーなので、パーティ会場とかBBQなどの屋外などで使うことを考え、大きめのビープ音が鳴るようになってるんだと思います。

でも、家の中ではうるさい。
ビープ音を小さくする設定とかないんでしょうかね。

肝心の再生音質については不満はありません。
むしろ、こんな小さなスピーカーで、ずいぶん立派な音がするもんだなあ、と最近の技術に感心したりしています。
まあ物理的な制約があるのでステレオ感はありませんけど、音自体はきちんと出ている感じがします。ドンシャリ的な音ではなく、ちゃんとJBLの音だと思います。

ビープ音だけが残念ですが、そこを納得の上で使うなら、コストパフォーマンスの良い製品です。


【買いました】HTC J butterfly (HTL21)の手帳型ケース【再び】

愛用のスマホを手帳型ケースに入れて使っていたのですが、さすがに1年以上毎日使うと、それなりにくたびれてきて、寿命を感じるようになりました。
そしてとうとう、ストラップ取付穴のハトメ(グロメット)周囲が破れてきたので、買い替えることになりました。

上記のエントリにも追記しましたが、悪くなさそうなケースで1580円という安い値段のものがあります。
お値段も安くてカジュアルな感じですが、なんといってもカラーバリエーションが豊富で、いろんな色が選べます。(11~12色あるようです)

他にも探したのですが、手帳型で、ストラップが付けられて、カバー部分にカードを収納できることを条件にすると、あまり候補製品は多くありません。
結局、この1580円ケースを購入。

実際使ってみると、全然悪くありません。
もう2週間以上、毎日使っていますが、1580円と安い割には質感も悪くなく、カラーバリエーションも豊富でいい感じです。
カバー部分にSUICAやWAONなどのICカードを入れておけば、お財布ケータイ的にも使えて便利です。
(ただし、間違ってTポイントカードなどの磁気カードを入れてしまうと、カバーを留める磁石にやられて読み取れなくなっちゃいます。)
ストラップは付属していませんので、以前のものを流用しています。
強いて言えば、以前使っていたケースに比べて、スマホ頂部の電源ボタンが押しにくくなってしまいましたが、これは慣れてしまいました。
私は無難な「黒」を選んでしまいましたが、ファッションコーディネートにこだわる方なら、2~3色買ってしまうのもいいかもしれないです。


【買いました】HTC J butterfly (HTL21)の手帳型ケース

HTC J Butterfly、落としたりして壊すのが心配で、手帳型のケースを探してみました。
2~3種類が見つかりましたが、楽天やAmazonで売っている、このケースを選んでみました。
よく見ると「Dandy」というダサい名前が付いているようです・・・。
519AIhUzLaL
サイトの写真では、どうやって固定するのかわからなかったのですが、買ってみて納得。
レザー製の本体内側に、プラスチックのケースがくっついているのでした。
IMAG0004_s
とりあえず使ってみているのですが、なんだか本当に手帳を持ち歩いている感じになります。
一言で言って、大きいです。ほんと、シャツやパンツのポケットには入れにくいので、手ぶらスタイルには向きません。
でも、ふだんスマホを鞄の中に入れて持ち歩く人には、こういうケースはいいかもしれませんね・・・。

ちなみに、初めて「お財布ケータイ」のEdyを使ってみたのですが、このケースに入れたままで問題なく使えました。


【追記 2014年3月】
お値打ちな手帳型ケースに買い替えました。別エントリをご覧ください。
カラーバリエーション豊富で、いろんな色が選べます。購入者の評価も高いみたいです。


HTC Butterfly J(HTL21)買いました

2年半ほどSoftbankのスマートフォンX06HT(HTC Desire)を使っていたのですが、いろいろ性能的な限界を感じるようになってきて、とうとうHTC Butterfly J(HTL21)を買ってしまいました。
HTC Butterfly J
HTC Desireは、世界各国でユーザーの多い機種だったので、いろんなハッキング情報が比較的豊富でした。Android OSやハードウェアの規格や仕様に全く詳しくない自分でも、どうにかこうにかrootを取得し、カスタムROMを入れることができました。
おかげで、いろいろな制約をクリアすることができ、最近ではNexus 7をX06HTでテザリングするなんて使い方もしてました。
しかし、これだけAndroidアプリケーションが豊富になってくると、内部メモリ容量が小さいことは致命的でした。

H06HTからの更新機種としては、Softbank 201M(Motorola RAZR M)も候補でした。
5インチのディスプレイを持つHTC Butterfly Jはあまりにも大きく、コンパクトなHTC Desireとのギャップが大きすぎると思いました。
しかし、最終的には、HTC Butterfly Jの高性能なCPU、美しい画面、優れたカメラ、高音質など、充実した内容に惹かれました。

まだ購入して日も浅いのですが、その高性能を少しづつ実感しています。