子供SNS「4kiz」と本山さんはなぜマズいのか

前に2回のエントリを費やして、急いで4kizのことを書きました。
急いだのは、できるだけ早くこの問題を周知する必要を感じたためです。
一方、4kizの件は統一教会やカルトについて考える材料の一つとして、腰を据えて考えてほしい、とも思っています。

そこで、4kizのCEOである本山勝寛さんが「天一国指導者会議」での講演を含めて発信してきたことや、4kizの実態などを眺めながら、統一教会の「カルト」問題について、今回は書いてみます。

本山さんはどういう人なのか

最初のエントリでも書きましたが、本山勝寛さんは統一教会の「祝福二世」と呼ばれる、信者夫婦の間に生まれた信者です。子供5人のうち第4子で、お兄さんの勝道さん、勝由さんも、ともに統一教会の幹部になっています。

本山さんのお母さんは勝寛さんが12歳の時に亡くなったそうです。理由は分かりません。
にもかかわらず、勝寛さんが15歳のとき、お父さんが「国家メシアとして」ホンジュラスに渡ったんだそうです。
教団の人事だったのでしょうが、これはえげつないと思います。

両親がいない中、勝寛さんは一生懸命勉強し、東大に入って、当然「原理研究会」に所属します。

Jr.STFで、私は皆が内的信仰と外的能力を併せ持つ統一運動の二世指導者となれるように特別な学習プログラムと学習修錬会を企画しました。当時の多くの二世は良い心掛けをもっていましたが必ずしも成績は良くありませんでした。そこで私は自分のためにではなく神様の摂理のため、千人の指導者になる準備をすると思って一生懸命勉強するようにと彼らを励まし、是非とも神様を中心として、東京大学を含むトップクラスの大学を目指すよう彼らに迫りました。(本山さんの講演から)

その後は更に「鮮文大学校」(韓国忠清南道)という統一教会の学校に入り、ハーバード大学でも学んだそうです。
2015年当時は、教団の幹部として活躍しつつ、笹川陽平の「日本財団」で働いていたようです。

本人は信仰に従って行動している

本山さんは、日本財団在職中に何冊も本を出しているようです。
そしてこんなふうに言っています。

日本財団で働き始めるとともに、本も書き始めブログも始めました。
今までは私の構想は統一運動内部のものでしたが、外的な構想を拡げていきたいと思っています。それは社会の何千何万の人にアプローチするためです
現在、私はこれまでの体験に基づいて、勉強と教育、ワークスキルに関する8冊の本を上梓しました。そのうちいくつかはベストセラーになり、韓国、台湾、中国、タイで翻訳され出版されています。私の著書には統一原理のエッセンスを含ませているので、韓国、台湾、中国、タイのメンバーの皆さん、どうか私の本を買って下さい。
そうすれば、私は教会にもっと献金できるようになります。
本山さんの講演から)

本山さんは、本気で「統一教会の教えを社会に広めたい」と思っているのです。そのための、ブログであり、著作だと、本人は考えています。
要するに統一教会の考え方を広める布教活動の一環です。

本山さんのような幹部級の信者も、というより、幹部級の地位を得ているからこそ、信仰を広げることに真剣みたいです。

二世信者という問題

本山さんの場合は、両親が信者である「祝福二世」で、お父さんはホンジュラスの「国家メシア」だったそうですから、教団内でもエリートに近い血筋と言えるでしょう。
兄弟ともども、良くも悪くも、その道を「運命づけられていた」と言えるかもしれません。そして、それ以外の道を選ぶことは、難しかったのではないかと思うのです。
お兄さんたちも教団の幹部になっています。統一教会では世襲の幹部が多く生まれています。

しかし、「祝福二世」はこうした幹部信者だけではありません。教団の采配(合同結婚式:祝福結婚)で引き合わされたカップルから誕生した「祝福二世」が、たくさん存在します。
「祝福結婚」は国際結婚も多いので、結婚によって韓国やそれ以外の外国へ渡った人、逆に日本で暮らすようになった人もいます。
そして、教団では避妊をさせないという話も聞くくらいで、子だくさんの「祝福家庭」が賞賛されます。

私を含む、5人の兄弟姉妹は全員祝福を受け家庭をもっています。私の兄弟と姉妹の子供をあわせると14人で、今年中には16人になる予定です。
ですから私の両親は三世の孫、16人をもつことになります。
本山さんの講演から)

上記の講演は2015年ですが、今では本山さん自身も、5人の子を持つ父親になっています。

こうした教団のビジョンの中で生まれてくる「祝福二世」あるいは「祝福三世」たちがいます。この人たちが自己アイデンティティの問題に突き当たったとき、選択肢は限られてしまいます。
どう解釈したらよいのでしょうか。教団は、どう考えて、このようなことを奨励しているのでしょうか。

両親から出発した家族は三世代を通過して8倍になりました。
このペースでいくと20世代過ぎる頃、つまり400年後には私の家族は100万人になり、これはもう1つの国です
(本山さんの講演から)

本山さんの信仰活動は肯定できるだろうか

本山さんは、この講演の中で、自らのアイデンティティについて語っています。

私は私の信仰と統一教会員であることを隠していません。試しに、私の名前をインターネットで検索して見ると統一運動関連が最初にヒットします。ですから世間の人には私の信仰がすぐに分かるようになっています。統一運動の看板を背負っているといえます。
皆さんご存知のようにこの看板はなかなか重いのです、特に日本ではそうです。人は統一運動を最悪のカルトとみなしています。ですが私は信仰を隠さないことに決めました。むしろ、積極的に私の信仰とビジョンを見せるようにしています
(本山さんの講演から)

講演のあった2015年当時は、そうだったのかもしれません。
しかし、2022年9月4日、本山さんの名前をGoogleで検索すると、Wikipediaに本山さんのページができています。そこにある肩書きは「日本の起業家、著作家、ブロガー。株式会社4kiz代表取締役CEO」です。
ホンジュラスの「国家メシア」だったお父さんについても「父親がホンジュラスに移住」としか書かれていません。
原理研究会、統一神学校は書かれていますが、少なくとも積極的に信仰を見せているようには見えません。

画像
Wikipedia 2022年9月4日

これは、彼のブログTwitterでも同じです。
彼はあくまで「起業家、著作家、ブロガー、株式会社4kiz代表取締役CEO」としてしか、振る舞っていないのです。

「公式ブログ」2022年9月4日

カルトであるということ

本山さんは、本件が話題になり始めた9月1日にこんなツイートをしていました。

子どもたちのためにという純粋で熱い想いが、多方面の多くの方々から寄せられてスタートしたのが、こどもの、こどもによる、こどものためのSNS #4kiz 。 ここで踏んばらなければ、多くの人たちの想いを無にしてしまうし、子どもたちにとって安全なSNS環境がなくなってしまう。無になってがんばります。
(本山さんのTweet )

画像
本山さんのTweet

本山さんが「子どもたちのため」というのは、彼にとって、たしかにそうなのかもしれません。
でも、彼の「子どもたちのため」は、彼が述べている「神様の摂理」に子どもたちや親たちを導くこと、であるはずです。

しかしそれなら、彼の信仰を明らかにし、あくまで宗教活動として布教しなければいけません

統一教会では、人を信仰に導くためには嘘も許される、どのような手段であっても信仰に導かなければいけない、と教えているそうです。
ですが、それは人間として許されないことです。
人は誰しも、自らの信仰は、自らが主体的に得た情報に基づいて、自らの主体的な意志で選び取ったものでなくてはなりません。
そして、信仰の放棄も自由でなければならず、社会はそれを求め、支えなければなりません。
そうした社会を裏切り、騙すことは、いかなる理由の下においても、人権の侵害であり犯罪です。

そして、容認できない人権侵害を伴う宗教などを「カルト」といいます。
僕は、いかなる理由でも、本山さんの4kizや、統一教会の活動を支持することはできません。

二世信者問題

こうして考えると、「祝福二世」というのは、自らの信仰を選び取る機会や権利を、生まれながらにして著しく侵害された被害者であると思います。
もちろん他の宗教でも、子が親の信仰に大きく影響されるでしょう。しかし、統一教会の教義や活動は、およそ近代的な人権思想の下で、許される範囲を完全に逸脱していると言わざるを得ません。

教団が決めた相手と信者を結婚させ、たくさんの子を設け、二世、三世の信者を増やすことを奨励する。
僕は、教団による家畜の交配や繁殖を連想せずにはいられません。

信者の人たちは、自らの人生を賭けて献身するように言われ、同じ思考を持つ子供たちを、できるだけ多くもうけるように言われます。
このような宗教活動で、信者は自らの尊厳を全面的に教団に委ねていきます。子どもたちが与えられる親からの愛情や教えも、教団の論理から出ることができなくなるのです。
これが、統一教会信者の多くが抱える、深刻な「二世問題」だと、僕は思います。

統一教会には重大な人道上の問題があります。
それでも、内心でその信仰を持つことは信教の自由として許されるのです。

しかし、その教えを「普及させたい」と願う本山さんが、その背景を隠してスタートさせ、行政に食い込んでいるのが「4kiz」という「子ども用SNS」です。そして、そうした教団の活動を、戦前の「家制度」を賛美する自民党政権や「日本会議」などの極右勢力が、自らの目的のために支えてきました。
この人たちは、重大な人権侵害を、まさに「実行」していると言わざるを得ないのです。
僕は、これらに抵抗したいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください