陸自UH-Xは再度の機種選定で富士重工案(ベル412)に決定

いったんは川崎重工による新規開発が決定したものの、防衛省担当者による同社への情報リークなどの不祥事が明らかになり、再度仕切りなおしとなった陸自向けUH-X(新多用途ヘリコプター)の機種選定。新規開発を断念して既存機ベースの提案を各社に募り、選定作業が行われた結果、富士重工案が採用決定となりました。
陸上自衛隊新多用途ヘリコプター(UH-X)の開発事業者決定について(防衛省発表 2015/7/17)

FHI案UH-X想像図

採用された富士重工の提案は、ベル412型をベースに陸自向けの改修を施すもので、製造については富士重工によるライセンス生産が行われるものと思われます。
ベル412型は、日本国内でも警察庁や海上保安庁で採用されているほか、各自治体の防災ヘリ、民間事業者使用機など、多数が使われている実績があります。
調べてみると、2015年6月現在で、既に抹消済みの機体を含めて83機の登録実績があるようです。
日本の民間登録航空機データベース JA Search 検索結果

ベル412は、既に陸自で運用しているUH-1シリーズと同系列の発展型でもあり、あまり目新しさはないかもしれませんが、安心して導入できる機種と言えるかもしれません。
今後の開発・調達がスムーズに進むことを祈りたいと思います。

関連してるかもしれない記事:


陸自UH-Xは再度の機種選定で富士重工案(ベル412)に決定」への2件のフィードバック

  1. どうも、お久しぶりです

    UH-1NやY型のツインエンジン搭載になりますか。J型と同じく、富士重がほとんど別物に仕上げるんでしょうかね(笑)。国産機選定は談合発覚が痛かったですね。ただ、現在の日本においてそこそこの機体をローコストで生産できるかは分かりませんね。そこのあたりどうなのでしょうか?

    エンジン自体はXTS2がそこそこの出力を出したそうですがお高いんでしょうね

  2. 夢は幹部候補生 様
    お久しぶりです。コメントありがとうございます。
    ほんとに、国内開発案の白紙撤回は残念でしたが、その後オスプレイの導入なども決まっていますので、UH-Xは欲張らない内容で、低コスト調達というのも合理的かもしれません。
    富士重工の提案内容、詳細は公表されていませんが、無駄なお金をかけずに良い物にすることが肝心だと思いますので、頑張ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください