D300の印象

D300とクマのダッフィー
まだ外へ持ち出していないD300ですが、仕事から帰ったあと、いろいろ弄り回してみています。

写真は18-200mmを装着した様子ですが、D300とのバランスはなかなかのもの。

とはいえ、思っていた以上に重量感があり、さすがにD50のようなお手軽感はありません。
お散歩などのときに持ち歩くような使い方は、ちょっとキツいでしょう。

これまで、ヘビー級のD2Hと、軽量級のD50を併用してきましたが、D300を手に取った感触は、明らかにD2クラスのほうに近いです。

それというのも、単にズッシリと重いというだけでなく、操作感や造作が本格的なことが大きな理由のようです。さすがに、ハイアマチュアからプロフェッショナルをターゲットにしているだけあります。
また、ファインダーが広くて見やすく、視野率も100%ということで、長年カメラを趣味としてきたような目の肥えた人にも、訴求力があると思います。

機能的には、オートフォーカスの3Dトラッキングが、なかなか面白いです。
いったんピントを合わせると、その被写体がファインダーの中を移動しても、ちゃんと追いかけてピントを合わせ続けてくれるのです。
あちこち動き回る子供や動物を撮る時でも、不必要な労力を払わずに、狙った構図を維持することができそうです。これはよさそう。

ちょっと使いにくいと思ったのが、背面液晶を使ったライブビュー機能。
ファインダーを覗かず、背面液晶を使って撮る機能なのですが、コンパクトデジカメのような撮り方はできません。
手持ち撮影モードでは、いったんシャッターを半押しすると、「パシャッ」とミラーが上がって(画面が消えて)ピント合わせをします。
そのあと、更にシャッターを押し込むと、「シャカッ」とシャッターが降りて、撮影できます。
んー。これは慣れないと使いづらいなー。でも、何回か使えば慣れるかなー。

というわけで、週末が楽しみです。
20万円の高い買い物ですが、期待していただけのことはありそうです・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください