P-51とスピットファイアの「メレディス効果」

前回のエントリで古雑誌を自炊していることを書きましたが、その古雑誌の中でアメリカ空軍博物館が出している「Friends Journal」があります。 その1995年の号(VOL.18, NO.4 WINTER 1995) … “P-51とスピットファイアの「メレディス効果」”の続きを読む

なぜB-52は100年使えるのか

米軍の報告書(2004年)から抜粋翻訳しましたので掲載しておきますね。 B-52Hは高空任務機として設計されたが、1960年代には低空飛行にも対応することになった。より過酷な低空飛行に対応するために、1960年代から19 … “なぜB-52は100年使えるのか”の続きを読む

航空機のいわゆる「不整地」滑走路運用について

(この記事はnoteにもアップしています) C-2輸送機の輸入にUAEが興味を示していることから、UAE側の関心事である「不整地」滑走路での運用が、岐阜基地で試験されています。 しかし、この「不整地」という言葉のせいもあ … “航空機のいわゆる「不整地」滑走路運用について”の続きを読む

戦闘機の「発展性」

2015年という古いものですが、またトンデモを見つけてしまって頭を抱えているブースカちゃんです。 こういうサイトはアクセス数が稼げればいいのでしょうが、中身はなんとかならないんですかね。 引用: F-2は、本当に「発展性 … “戦闘機の「発展性」”の続きを読む

F-2戦闘機開発についての誤解(その2)

F-2のことを書いたら「なんでカナードをやめたのか」っていうコメントがあったので、そのへんを書こうと思います。 FS-Xというのはアメリカの圧力(とアメリカの傀儡たる自民党政権)のおかげでF-16改造案に決まったわけです … “F-2戦闘機開発についての誤解(その2)”の続きを読む