Synology NASの Hyper Backup を使ってみた(続き)

前のエントリに書いたバックアップが終わりました。

1週間くらいかかりそう、と書きましたが、2週間かかりました。
その間も、日常作成するデータの保存先にNASを使い続けていました。
バックアップしている間、NASにアクセスしないようにすれば、もう少し早く済んだのかもしれませんが、企業内での業務利用みたいに使用頻度が高いわけでもありませんので、そんなに違わないかもしれません。

いったん全体のバックアップが終わると、あとは更新されたファイルが定期的にバックアップされます。
また、バックアップデータの整合性チェックも、定期的にやってくれます。
問題があれば自分宛てのメールで通知が来るようになっているので、安心です。

バックアップ・タスクのログも取られているので、Synology DSMにブラウザでアクセスすれば、いつでも見ることができます。

バックアップ・タスクのログ

ログのメッセージは英語です。
難しい内容ではないのですが、日本のユーザーには極端に英語を嫌う人もいるみたいなので、ひょっとしたら気に入らない人もいるかもしれません。

データの復元などはまだ試していませんが、とりあえずバックアップができたことで、ちょっと安心感が得られました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください