統一教会の南米進出と「国家メシア」

4kizの話で、同CEO本山さんのお父さんが、子供たちを日本に残し、ホンジュラスの「国家メシア」として赴任したことは前に書きました。
本山さんが15歳のときなので1996年頃だと思いますが、当時、統一教会は南米への進出を促進していたのです。
そして2007年にはこんな事件も起きています。

パラグアイで起きた誘拐事件

同記事によると、教団は案の定、現地でトラブルを起こしています。
むべなるかな。

05年8月には、英エコノミスト誌が「約束の地: パラグアイと統一教会信者」という記事を掲載した。記事では、統一教会側が「街を豊かにする」との触れ込みで土地を買ったにもかかわらず、5年経ってもそれが守られないことに住民が反発、「カルトから解放してくれ」と議会まで陳情に行ったことなどが紹介されている。

報道より

これについては「赤旗」も2回にわたって記事にしています。

統一協会 中南米 土地買い占め <上> 霊感商法も資金源に(2007年5月2日)
archive
統一協会 中南米 土地買い占め <下>信者・幹部次つぎと(2007年5月3日)
archive

中南米での土地買い占めが表面化したのは一九九〇年代前半。教祖文鮮明が号令した「地上天国を築く」プロジェクトでした。
土地買収とともに「宣教」や「ボランティア」と称する活動や、各国要人、宗教指導者らを招待する大規模イベントを中南米各地で開催しました。

「赤旗」より

日本共産党「赤旗」は統一教会の問題をフォローして報じ続けてきています。送り込まれたのは幹部だけでなく一般信者もたくさんいます。
現地で働くだけでなく、現金を持ち出すための「運び屋」になるのです。
これは各国の外為法などによる送金規制を逃れるため、統一教会が昔から使ってきた手口ですね。フレイザー報告書にも出てきますよ。

当時、全国原理運動被害者父母の会が、出国差し止めを求めて国会に出した陳情書は「親には事前に一言もなく、幼児を残したまま行ってしまう」「家庭を捨ててしまう」と、その異常さを指摘しています。
この時の女性たちは、おのおの相当額の金を持参。資金の“運び役”の任務も帯びたのではないかとも伝えられました。送り込まれた女性がホテル十七階から転落死するという事件もありました。

「赤旗」より

本山さんのお父さんは、この「地上天国を築く」プロジェクトによって、ホンジュラスへ派遣された人だったのです。
それは本山さんが自分で講演したことです。

4kizの本山さんが考えたほうがいいこと

本山さんは、貧困家庭から立派な学歴を勝ち取ったことを、美談として売り物にしていますが、その前に、その貧困はなんのせいだったのかを、きちんと考え、説明しないといけません。

本山さんは自分のブログで「父は慈善事業家で、人のため世界のために働くことを生きがいとしていた。給料がなくとも慈善事業を進んで行った。」と書いていますが、それは違います。教団によるただの搾取です。

「本山勝寛 公式ブログ」より

統一教会の南米進出と「国家メシア」」への1件のフィードバック

  1.  こんばんは、Lであります。
     ブースカさんによる統一教会と政治への食い込みについての詳しいまとめと解説、とてもありがたいです。フレイザー報告のご紹介は貴重ですね。
     検索で面白い解説動画を見つけたのでご紹介します。お話をしている田原記者は 東京新聞で統一教会の記事を書いた人です。
    ・2022年7月27日 「視点-浮かぶ保守派の裏面史」
    ・2022年8月18日 旧統一教会と日本会議、「野合」の運動史…歴史認識が対立しても「とりあえず共闘」の打算 https://www.tokyo-np.co.jp/article/196569
    ・2022/09/15 東京新聞 デモクラTV Extra 
    ▼出演:富田光(東京新聞論説委員)内田誠
    ▼記者 田原牧(東京新聞 論説委員兼編集委員)https://www.youtube.com/watch?v=8b9gh5Lahp0
     大枠、歴史、ディテール、見立てとたくみに説明しています。文章も良いけど、話も面白いです。
     ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください