ほんとうにパラダイス山元さんは「公認」サンタクロースなのか?

日本で唯一「グリーンランド国際サンタクロース協会」の公認を受けたサンタクロース、として精力的に活動しているパラダイス山元さん。
サンタクロース活動のほか、本業はマンボ音楽家だったり、完全会員制の餃子店主だったり、飛行機乗りオタだったり、様々な活動をしていらっしゃる。
僕は「公認サンタ」と「飛行機乗りオタ」だということしか知らなかったけど。
そのパラダイス山元さん、「フィンランド政府公認サンタクロース」という触れ込みでイベントを催したりすると、以前から猛烈な勢いで抗議していた。その結果、訴訟問題にも発展したことがあったのである。
訴訟問題に発展!? 公認サンタを巡る大人の争い
この当時、僕はパラダイス山元さんのことを「ずいぶん心の狭いサンタクロースだな」と思ったし、そんな人物に「公認」を与えているのもどうかと思ったし、「公認」サンタクロースの行動として適切なのか、という疑問を持ったりした。
まあ、パラダイス山元さんには好感を持てなかった。

そんなパラダイス山元さんなのだが、この年末にネット上に火種を投げ込んできた。

隣国の慰安婦問題にあれほど熱心な報道姿勢を貫く産経新聞が、日本の子ども、親たちが蹂躙されている由々しき案件を、なんの裏も取らずにプレスリリースをただ漫然と垂れ流す異常ぶり。インチキ捏造朝日とまったく同じ道を歩んでいることに、直ちに気づき、猛省されたし。

インチキ捏造朝日というのは、もちろん従軍慰安婦問題に関わる「吉田清治の虚偽情報」を踏まえてのことだ。
朝日新聞がこの「吉田証言」がガセであったことを認めたことを、従軍慰安婦問題の否定に利用しようとしているのが、産経新聞をはじめとするネトウヨである。
パラダイス山元さんは、すっかりネトウヨなのである。
Facebookでも、下のような書き込みをしていた。

明日の朝刊1面は「本日をもって朝日新聞は廃刊いたします。これまで国民のみなさまには、捏造、暴行、盗撮等々、多大なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫びいたします」なら許す。

朝日新聞を嫌うのは個人の勝手で構わないが、公共のネット上でこういう発言をする人士を「公認サンタクロース」として認めるというのも疑問だし、従軍慰安婦問題に対する姿勢を考えれば、パラダイス山元さんは、およそサンタクロースに相応しくない人物である。
僕は、パラダイス山元さんが公認を得たという「グリーンランド国際サンタクロース協会」に苦情を述べようとしたところ・・・。

その「グリーンランド国際サンタクロース協会」というものが存在しないようなのだ。

日本では、japan-santa.comというドメインが登録されていて、そこに © Greenland international Santa Claus Association Japan Chapter. all rights reserved.というクレジット表記があるが、トップページは存在せず、本部や他の支部へのリンクもない。
また、「グリーンランド国際サンタクロース協会」を名乗るFacebookページもあるが、代表「パラダイス山元」と書かれた「日本支部」のページのようだ。

これらついては、既に先行研究が「ネットロアをめぐる冒険」というサイトで詳しく行われていて、今回の件を巡って更新もされていたので、そっちを紹介したい。
【検証中】グリーンランドのサンタクロースはホンモノでフィンランドはニセモノか、サンタのお家騒動
こちらのサイトでは「「グリーンランド国際サンタクロース協会」というのは、フィクションの存在なのではないでしょうか。(2017年12月29日時点の記載)」と書いておられるけれども、まあはっきり言えばパラダイス山元さんは「虚構」の組織による「公認」を掲げてらっしゃるのだなあ、という結論は、僕もまったく同じである。

しかし、それで報酬を受けていたとしたら、それは「詐欺」ではないのか。

しかし。
パラダイス山元さんは「グリーンランド国際サンタクロース協会」が非営利団体であると述べており、フィンランド公認などと称するサンタクロース関連イベントを攻撃していらっしゃるのではなかったか。
Yahoo!知恵袋でも、以下のような理解をしている人がいた。

グリーンランド国際サンタクロース協会は実在しますし、非営利団体であり苦労して公認を受けてサンタクロースになったことで(金銭的な意味で)特をすることはありません。」

ふむ。
パラダイス山元さんのTwitterでは、次のように書かれていた。

「公認サンタクロース」そのものは無報酬です。デンマークで開かれる「世界サンタクロース会議」への渡航費も、福祉施設などの訪問も自己負担です。テレビやイベントなどの出演で報酬が発生する場合があります。その報酬は、全額、日本ユニセフ…ではなく、パラダイス家の食費になります。毫末之利。

なるほど。
テレビやイベントなどの出演で報酬が発生する場合があります。その報酬は、全額、日本ユニセフ…ではなく、パラダイス家の食費になります。
それは非営利事業といえるのか?
そもそも、非営利団体(NPO)なら収支報告書があるだろうけど、存在すら疑わしい「グリーンランド国際サンタクロース協会」日本支部の収支報告はどうなっているのか。
そして、「グリーンランド国際サンタクロース協会」や、その日本支部は、非営利法人として登録されているのか?
謎が謎を呼んだので、パラダイス山元さんのTwitterアカウントに質問してみようかと思っていたら。

ブロックされていた。
素早い。
おまけに。

「パラダイス山元」と名乗るダミーアカウントがいくつもできていた。(笑)
なんなのだこれは。

そうこうしていたら、Twitterで面白そうな情報が寄せられた。


この小山薫堂さんという人が、どうやらパラダイス山元さんのビジネス非営利活動に一役買っているようだ。
そして、この「オレンジ・アンド・パートナーズ」サイトの中にあるページでは、こんなことも書かれている。

この商品はグリーンランド国際サンタクロース協会日本支部から「サンタクロースにふさわしいお菓子」というお墨付きもいただている。

日本支部から「お墨付き」をいただいたそうです。
まあ、パラダイス山元さんから、ってことでしょうけどね。
グリコさんのページでも誇らしげです。よかったですね。

グリコさんは「グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部」の社会奉仕活動に貢献したんでしょうね。
まあ僕はパラダイス山元さんの書き込みを見てグリコ不買を誓ってしまいましたけども。(笑)
とにかく、パラダイス山元さんのサンタクロース商売活動には、いろいろ面白そうな舞台裏がありそうなのです。

関連してるかもしれない記事:


One thought on “ほんとうにパラダイス山元さんは「公認」サンタクロースなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください