日航123便墜落事故にまつわる陰謀論について

1985年8月12日に発生した日本航空123便の墜落事故は、単独の航空機事故としては史上最多の犠牲者を生んだ悲劇であった。
その事故原因に関しては事故直後から様々な憶測が語られ、調査報告書が発表されてからも、その調査結果を否認する陰謀論が相変わらず語られ続けている。

陰謀論の中でもとりわけ根強いのは、日航123便は自衛隊の戦闘機によって撃墜されたものであり、それを政府が隠蔽しているのだという説のようだ。
この説を唱えた本を出したのが東大卒の元日航CAであり、これを著名な評論家である森永卓郎氏が様々なメディアで拡散していることもあって、多くの人がこれを信じている節がある。

森永卓郎の戦争と平和講座 第76回:日航123便はなぜ墜落したのか(森永卓郎)

運輸安全委員会の調査報告書

国交省の運輸安全委員会では、陰謀論が尽きない本事故について、通常の事故調査報告書(それも非常にページ数が多い)のほかに、一般向けの丁寧な解説をわざわざ用意し、ウェブサイトの特設ページに掲載している。

日本航空123便の御巣鷹山墜落事故に係る航空事故調査報告書についての解説

この解説書では、多くの陰謀論に共通する「急減圧が起きていないのではないか」という疑問を丁寧に解いているので、陰謀論を安易に受け入れる前に、ぜひ目を通していただきたいと思う。

しかし、運輸安全委員会が多く触れていない「自衛隊のミサイル」説についての補足と、僕が最初に感じた直観的な疑問の解消について、本エントリで触れてみたい。
理解の助けになれば幸いである。

自衛隊のミサイルだったのか

先に挙げた森永氏の記事では、「123便から窓の外を撮った写真を解析すると、オレンジ色の物体が飛行機に向かって飛んできている」として、「自衛隊の訓練用ミサイルなどの飛行体は、オレンジ色で塗られていた。」と書いているが、これは根拠のない憶測である。
戦闘機が訓練用に使うミサイルには以下のようなものがあるが、当時も今も、これらはオレンジ色には塗られていない。

1. ダミー弾:重量や形状を模擬しているが、目標探知能力はなく、発射することもできない。
2. キャプティブ弾:目標探知能力はあるが、推進装置はなく、発射することはできない。
3. イナート弾:目標を探知し、発射することもできるが、爆発する弾頭がない。

これらのほかにもちろん「実弾」があるが、1985年当時、実弾を訓練時に搭載することは考えにくいうえ、仮にそうであったとしても、やはり実弾は「オレンジ色」などには塗られていない。
また、747を撃墜する威力があったとすれば「実弾」が疑われるわけだが、事故機の残骸には、ミサイルが攻撃目標に被害を与えるために飛散させる「フラグメント」が当たった形跡はない。
ちなみに、ロシア軍のミサイルに撃墜されたと言われるマレーシア航空17便の残骸には、写真のようにフラグメントが当たった痕跡が明瞭である。

MH17便の残骸

海上自衛隊の標的機が当たったのか

このエントリを公開後、海自の標的機が当たったという説についてコメントが寄せられたので、これについても付記しておく。

海自の標的機というのは、艦艇による射撃訓練に使われるBQM-34ファイアビー、またはBQM-74チャカのことである。
これらの標的機は、訓練支援艦と呼ばれる艦艇から発射され、確かにオレンジ色に塗られている。
しかし、事故当時、海自の保有している唯一の訓練支援艦であった「あづま」は呉に入港しており、事故地点の付近にこれらの標的機が飛んでいたとは考えにくい。

更に加えると、これらの標的機が747型機の尾翼に衝突したとしても、尾翼の付け根から脱落させるような損傷を与えられる可能性は低いように思えるし、仮にそうであったとしても、747を操縦不能に陥らせた原因である全油圧系統喪失には至らないのである。
従って、海自標的機の衝突説も、その可能性を疑うに足る材料はない。

与圧隔壁の破壊で尾翼が吹き飛ぶか

僕がこの事故で最初に疑問を感じたのは、後部与圧隔壁の破壊によって生じた空気流入で、垂直尾翼があれほど大きく損傷するだろうか、ということであった。

この点についても、事故調査委員会は詳しく調査を行っており、実証試験を行っている。
そして、試験結果も報告書の付録として公開されている
その結果、「…後部圧力隔壁の破壊によって流出した客室与圧空気の一部が垂直尾翼内に流れ込み、その内圧が、約 4psi 上昇すると垂直尾翼は破壊し得ると考えられる」という結論を導いている。
試験結果から見れば妥当な結論であろう。

また、最近日本で開発された自衛隊向けの輸送機において、与圧に対する設計強度が十分でなく、与圧試験中に試験機が大きく破損したことがあった。
これについては防衛省機であるため詳細が公開されていないが、与圧による構造破壊の大きさを、改めて日本の航空機技術者に知らしめた事例であり、僕も日航機の尾翼破壊について、実感として納得を得る思いがした。
与圧隔壁が破壊すれば、垂直尾翼の喪失につながる構造破壊は、起き得るのである。

政府が事実を隠蔽しているとすれば

「自衛隊機に撃墜された」論を唱える人は、そもそも運輸安全委員会の報告書を信じていない。
これは国民を騙すために作られたフェイクであり、政府に都合の良いように「作られた」調査報告だと言うであろう。

しかし、自衛隊機が日航の旅客機を撃墜する理由は何なのか。
なぜ500人以上が乗った旅客機を撃墜するなどという、常識で考えられないようなことを起こす必要があったのか。
「誤射」だとするなら、自衛隊の訓練空域ですらない場所で、どうして誤射などが起こりえるのか。

そして、政府がなんらかの事実を隠蔽しているとすれば、なぜこれほど緻密で広範な事故調査が行われたのか、また、なぜ調査内容に矛盾が生じていないのか。

これらのことから、自衛隊機による撃墜説は、あまりにも合理性を欠いた主張であると言わざるを得ないのである。

関連してるかもしれない記事:


日航123便墜落事故にまつわる陰謀論について」への5件のコメント

  1. 自衛隊を事故の原因とする説では、海自の護衛艦から発射された無人標的機のファイア・ビー、及びそれを追尾していた誘導ミサイルのチャカ2が、123便に衝突した、という主張が出されています。
    ファイア・ビーとチャカ2がオレンジ色に塗装されている写真が掲載されています。
    http://www.link-21.com/JAL123/022.html

    相模湾上空7000m で、123便とファイア・ビーの航路が交差した、という主張です。
    無人標的機による衝突であれば、撃墜ではなく、意図しない事故ということになります。
    これらの点については、いかがでしょうか。

    私は、「日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」は未読なのですが、
    レビューの内容をみると、ミサイルがファントムから発射されたという主張ではなく、
    衝突後にファントムが追尾していた、という主張ではないでしょうか。
    私自身は、この本の主張が明確に否定される根拠が専門家から出されているのかどうかを、
    知りたいと思っています。

    1. コメントありがとうございます。
      時間のあるときに追記を加えたいと思います。

  2. 先のコメントの続きなのですが、標的機「ファイアー・ビー」との衝突説については、それに触れている角田四郎氏の著作があり、「同書で自衛隊の正式コメントとして述べられているように、相模湾は標的機による訓練海域ではありません。」ということのようです。
    https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/4dc299cefbb32c9a90dee66910f721e7

    また、同書によると「標的機を搭載する訓練支援艦「あづま」は、当日は呉(広島)のドックに入っており、公式記録上、標的機が飛ばせる状況ではなかった」とのことでした。

    角田氏も独自の衝突説を唱えているのですが、自衛隊としては、陰謀論の著作であれ、取材を受ければ陰謀論を否定できる根拠を説明している、ということなのでしょう。

  3. https://www.amazon.co.jp/dp/4887371535

    その種の本の嚆矢は1998年ですね。私も店頭にあるのを見てギョッとしたのを覚えてます。
    今回の本もCAだった以上の話題性は無いでしょう。

    大企業にいた経歴を権威付けにして専門家面する人士には困ったものです。
    トンデモ本と察するのはさほど難しくない案件だからまだしも、
    一見冷静で科学的な風を装って利害関係に手を突っ込んでる阿呆はどうしようもない。

  4. 森永卓郎経由での青山透子の陰謀論
    東京近郊ならradikoのタイムフリーで該当部分を聞くことができます(8月20日まで)
    14:09からですので、セットしておきました
    大竹まこと ゴールデンラジオ! | 文化放送 | 2018/08/13/月 13:00-15:30
    http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20180813150859

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください