グライダーの進空式

土曜日、ある大学航空部が導入した新しいグライダーの進空式があると聞いて、見に行ってきました。
進空式の風景
ASW28という高性能機です。
単座(一人乗り)のグライダーなので、乗れるのは上級生になってからなのでしょうね。
離陸
進空式のあと、何度か教官によるフライトが行われました。
テーパーした長い主翼の先には、これまたアスペクト比の高いウイングレットが屹立しています。
ロングスパン
翼のスパンは18m。長いですねー。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください