中国からの出稼ぎ労働者

Twitterの件はなにも進展がありません。
何人かの方からは、ありがたいことにnoteの「投げ銭」をいただきました。
このまま放置することは考えていません。
できれば法曹関係の人などからも助言をいただけると嬉しいです。

さて、Facebook友達になった中国人から、 久しぶりにチャットのメッセージが届きました。
日本と中国とその他の国を忙しく動き回っていて、中国人だけど平気でアパホテルに泊る心臓の持ち主です。
ビジネスに貪欲なのですが、どこまで考えているのかわからない奴です。

「日本への輸出(export)をやることにしたよ」というので、何を輸出するんだ、と聞いたら「Labor」だと。
それはまさか労働者を送り込む話か、と聞いたら「そうだ」というのです。

僕は、当然ながら「技能実習生」制度の問題点を話した(チャットで書いた)のですが、奴さんは「中国人労働者は理解したうえで行きたがっているのだ」と言います。
日本語能力を求められない単純労働を希望しているのだとか。

しかし、日本人の僕が資本主義による苛烈な搾取を心配しているのに、中国人の彼は意に介さないという事態。
中国共産党はなにをしているのか。

僕なりに少しネットで調べたんですが、どうしたって堅気のやり方では、中国人の単純労働者がまともに働ける機会なんて、考えにくいところです。

現在、少なくない日本人労働者が、最低賃金でのパートタイム雇用に頼っています。最低賃金の規定は外国人も対象ですから、中国人労働者の生産性が日本人より高いか、それとも日本人以下の待遇しか与えないか、そのどちらかでなければ中国人を雇う意味はありません。

その友人が、ほんとに出稼ぎ労働者のエージェントを始めるかどうかはわかりませんが、とりあえず僕にも情報を共有してくれるようにお願いしておきました。
(´・ω・`)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください