【買いました】ブラザー インクジェット複合機 DCP-J577N

ずっと使っていたキヤノンの複合機PIXUS MG3130が壊れてしまいました。
安かったし、しかたがないな、と思って確かめたら、買ったのは2011年の年末でした。
7年以上使っていたことになりますから、寿命だと思うことにします。

2011年の時点でも、WiFi接続の複合機が7000円程度で買えたわけで、その状況は今もあまり変わっていないようです。
各社のエントリー機種が、WiFi接続やスキャナ機能を持っていて、実売8000円内外。
2011年のころと違うのは、スマホ対応が進んでいるらしいことですね。

さて、正直なところ、僕がプリンターを使うことは少ないのですが、奥さんがメルカリで売った不用品の宛名を印刷したりするみたいです。
なので、写真印刷の画質や印刷速度よりも、モノクロ印刷がちゃんとできて、ランニングコストが安いことが重要です。

そんなふうに考えると、どうやらブラザーのプリンターが、ランニングコストも安くて良さそうです。
(写真印刷の画質にこだわると、キヤノンやエプソンがしのぎを削っているようです)
ブラザーは、FAXや電話機と一体になったインクジェット複合機を作っていて、けっこう惹かれたんですが、FAXを使う機会もめったにないので、きっぱり切り捨てます。
あと、CDラベル印刷なんかも、どうせやりませんので、これも切り捨てます。

というわけで、選んだのはブラザーのエントリー機「PRIVIO DCP-J577N」でした。

エントリー機とはいうものの、タッチパネル式のカラー液晶ディスプレイを備えていて、確かに一昔前のプリンタよりも進歩してますね。
給紙もカートリッジ式の用紙トレイになっているので、印刷時にいちいち用紙をセットする必要もありません。
セットアップ時のテスト印刷では、音が静かなのにちょっとびっくり。
これはなかなか満足度が高いです。今どきのプリンターは、エントリー機といっても侮れませんね。

あとはランニングコストが気になりますが、4色独立のインクカートリッジなので経済的・・・なのかもしれません。
故障なく、安価に使い続けられるといいな。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください