Logicool Performance Mouse M950 買いました

愛用していたマウス、「Logicool MX Revolution」の調子が悪くなり、右クリックが効かなくなってしまいました。
なにしろマウスがないとパソコンが操作できず、とても不便です。
かといって、ありあわせの安物マウスではストレスが溜まるので、迷っている時間はありません。
外観もボロボロになっていましたので、もう寿命だろうと諦めて、不本意ながら買い換えることにしました。
新しいマウスは、同じくLogicoolのフラッグシップモデル、「Performance Mouse M950」です。
いつものことながら、楽天市場でも探してみましたが、結局Amazon.co.jpで買うのが一番安かったです。

化粧箱
ポチって二日後に届いたのがコレ。
いつものLogicool製品の例に違わず、立派な化粧箱に入っています。

箱を開けたところ
箱を開けたところが、この写真です。
いつもどおり、箱の前面はマグネットで閉じる扉になっています。
マウスなんて、なんだかんだ言っても日用品なのですから、こういう立派な箱は、無駄な贅沢のような気がします。
高級感の演出なんでしょうね。

底面
裏面の電池蓋を開けると、単三のエネループ電池が収められています。
「MX Revolution」などでは、内蔵充電池は交換できないものでしたが、この製品では汎用の充電池に交換が可能です。
その代わり、充電クレードルはなくなっており、当然ですが底面には充電用の接点もありません。
もし電池をマウス本体へ入れたまま充電する場合は、付属のUSBケーブルを繋ぐことになります。
最初、この仕様に違和感を覚えましたが、考えて見れば、汎用電池に交換できるということは、ユーザーにとってもメリットであり、環境にも優しいのかもしれません。
ここは素直に「進化」だと思うことにします。

親指のボタン
使ってみると、クリック感が自分には若干固めに感じましたが、すぐに慣れてしまうレベルだと思います。
それより気になったのは、親指側の「ZOOM」ボタン。
webや写真の拡大表示に使うのですが、あまり使用頻度が高くないのに、親指に近い特等席にあります。
私としては、その上にある「進む」「戻る」ボタンのほうが、もっと親指に近い位置に欲しいです。


ともあれ、定評あるLogicoolのフラッグシップモデルですから、ちょっと慣れれば、期待を裏切らない使いやすさを発揮してくれると思います。

関連してるかもしれない記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください